「 白蝶貝 」 一覧

レビュー

First Experienceの新ライン「CAMI SETTE」のシャツを試す

オンラインシャツ店「First Experience」の新しい縫製ラインである「CAMI SETTE」についてとりあげます。ディテール、シルエット、着心地など、これまでの「プレミアムライン」とどう違うのか、実際に購入してレビューします。

着こなし

夏に相応しいスーツスタイルとは?

7月に入ると、東京では30度を超える日も出てきており、正直タイドアップには厳しい陽気です。そんなことは百も承知なのですが、諸事情でスーツを着なければならない事もあるのが日本のサラリーマンです。ということで、今回は敢えて、夏用に相応しいスーツとは何か、を考えてみます。

レビュー

ボタンの厚みで印象が変わる? First Experience 3mm厚白蝶貝ボタンレビュー

ネット通販専業のオーダーシャツ店「First Experience」。同店で新しくラインナップされた、厚みのある白蝶貝ボタンのシャツを作ってみたのでレビューします。また、他のシャツボタンとの比較や、見え方の違いについても考えてみました。

レビュー

鎌倉シャツの特徴、着心地、フォトレビュー

根強い人気の鎌倉シャツについて、遅まきながら購入し、その人気の秘密を確かめてみました。

レビュー

日伊のいいとこ取り? 「FAIRFAX」のシャツをレビュー

FAIRFAX(フェアファクス)のアルビニ製生地を使ったシャツを、多数の写真によるディテール、着心地、改善点などをレビューします。

レビュー

FIRST EXPERIENCEの上級仕立てライン「UEMACHI MODELING」を試してみました

今年1月、FIRST EXPERIENCE※からシャツの仕立てラインが綿ポリ混紡ラインと天然素材ラインに分かれるというお知らせが来ました。前者は従来の仕立てを踏襲し、後者は「UEMACHI MODEL ...

レビュー

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のカジュアルモデルを買ってみた

「低価格」「本格仕様」「通販専業」を謳うシャツ屋において、 まさに"東"の横綱的存在であるCAMICIANISTA。 (東西は本社所在地で序列ではありません。"西"の横綱は大阪に本社をもつ土井縫工所と ...

ディテール

ジャケット・スーツのボタンについて考える

皆さんのスーツやジャケットにはどの様なボタンが使われていますか? 黒、茶、メタル、艶有り艶無しと、様々な種類があると思います。 ボタンは「留める」という機能以上に、装飾としての役割が非常に大きい素材で ...

レビュー

カミチャニスタが良くなっている……! 2年前と、どこがどう変わったのかレビュー

土井縫工所と双璧を成すカミチャニスタ(CAMICIANISTA)。 ネット通販限定、低価格(コスパ重視)で高級シャツのディテールという、シャツ業界の新業態的存在でしたが、いまではすっかり定着したように ...

レビュー

カミチャニスタ(Camicianista)のシャツ ファーストレビュー2「悪いところ」

カミチャニスタというブランドはご存じでしょうか? 同社製のシャツ2枚を購入しましたので、「良いところ」「悪いところ」織り交ぜながらレビューしたいと思います。後編は要改善点についてとりあげます。また、白蝶貝の高瀬貝取り違え問題についても触れます。

レビュー

カミチャニスタ(Camicianista)のシャツ ファーストレビュー1「良いところ」

カミチャニスタというブランドはご存じでしょうか? 同社製のシャツ2枚を購入しましたので、「良いところ」「悪いところ」織り交ぜながらレビューしたいと思います。前編は良いところにフォーカスして、写真を交えながら考えてみました。

Copyright© サラリーマンのファッションを考える , 2018 All Rights Reserved.