「 シャツ 」 一覧

デニムシャツの活用、ジャケットとのコーディネートを考える

最近はビジネス向けのデニムシャツを用いたコーディネートをちらほら見かけます。そこで今回は、デニムシャツについて、ジャケットやネクタイとのコーディネートやビジネスでの利用是非について考えます。

グンゼのカットオフパンツ「AIRZ(エアーズ)ボクサー」人柱レビュー

グンゼの新作「AIRZ(エアーズ)ボクサー」についてレビューします。ノーマルタイプとショートタイプの比較、実際に履いてみた上で良い点と悪い点の考察や、以前レビューしたブロスグランデやSeparatec等の優秀な製品とも比べてみます。

First Experienceの新ライン「CAMI SETTE」のシャツを試す

オンラインシャツ店「First Experience」の新しい縫製ラインである「CAMI SETTE」についてとりあげます。ディテール、シルエット、着心地など、これまでの「プレミアムライン」とどう違うのか、実際に購入してレビューします。

暑い時期、アンダーシャツの選び方(後編)

暑い時期のスーツ/ジャケパンの下着にはなにを使っていますか? 今回は、種類の多い「グンゼYGカットオフ」同士の比較と、個人的オススメの選定、ついでに上位製品でもあるSEEKとの比較もしてみます。

暑い時期、アンダーシャツの選び方(前編)

いくつかのアンダーシャツをレビューしてきましたが、個人的にはグンゼのYGに落ち着いています。そこで、この機会にアンダーシャツを選ぶ際のポイントをまとめてみました。そして、なぜ選んたのか、優位性、そしてグンゼYGの中にも複数ある種類の整理(結局どれを買えば良いのか)をしてみたいと思います。

クールビズの着こなしを考える ~「スーツからネクタイとっただけ」からの脱却~

クールビズはどういう格好をすれば良いのか迷う部分が多いのも事実です。そこで今回は、どこでも通用するベーシックなジャケパンに絞って、どんな格好ならこの季節のビジネスシーンで業種/職種問わず広く活躍できるか、さらに、ありきたりのジャケパンにどんな工夫が出来るかも考えてみます。

First Experienceの新襟型「NEWセミワイド」を試す

襟型が綺麗なオンラインオーダーシャツ屋「Firest Experience」の新しい襟型「NEW セミワイド」の人柱レビュー。旧来のセミワイドや、ワイドカラーとの比較もしてみます。

スーツスタイル、衣替えが有効なアイテムとは?

衣替えが有効なアイテムは何か? を考えます。また、クリーニングが必要そうなアイテムについては、その要否についても考えてみます。

スリーピーススーツを上手に着こなす5つのポイント

かつて年配者の象徴だったスリーピーススーツ(三つ揃い)。しかし、今では若手サラリーマンを中心に、かなりの人気スタイルになりました。
特に、ここ2~3年、既製品スーツにもスリーピースが多くラインナップされるようになり、とてもメジャーになったととも、質問やコメントを多く戴くようになりました。
そこで今回は、「買ったは良いが上手く着こなせない」といったスリーピーススーツ初心者の方を対象に、これを上手に着こなすコツについて、考えてみたいと思います

春らしい装いのポイントを考える

季節の変わり目は、次の季節の装いを先取りするチャンスでもあります。ということで今回は、ビジネス用途に焦点をあて、スーツスタイルにおける春らしい、旬な装いにはどんな工夫が可能なのかを、色・素材・香りの観点から考えてみます。

シャツ襟に入っている芯「カラーステイ」を外すのはアリ?

。現在市販されている、ドレスシャツの殆どに入っているであろうカラーステイ。カラーステイは必ずつけるべきなのでしょうか? 何のために入れてあるのか、外すとどうなるのか、実際に試しながら考えてみました。

丈夫、ドレープ、良い肌触りの「精紡交撚生地」はもっと注目されるべき?

超高番手の単糸生地並の軟らさと艶があるのに、120番双糸でしかも安いという不思議な生地「精紡交撚生地」。製造元にぶつけた質問と実際に納品されたシャツのレビューを中心として、どんな用途に使えそうか、どんな人に向いているか等々、皆さんと一緒に考えます。

ボタンダウン的なのにフォーマルに使える? スナップダウンシャツを考える

ボタンダウンに近いのに、カジュアルに見えない「スナップダウンカラーシャツ」のメリット/デメリットについて、写真を交えながら考えてみます。

ノータイでも襟を綺麗に見せる「WINGMAN」をクラウドファンディングで支援してみた

クラウドファンディングで、シャツ襟を綺麗に固定できるとするカラーステイ「WINGMAN」を支援(購入)しました。良い点/改善点なども含め、レビューします。

下着が透けているサラリーマンが多すぎる問題

平成29年(2017) 8月6日    , , , , , , , , , ,

「クールビズ」がすっかり定着し、東京の交通機関ではシャツ(ワイシャツ)一枚のサラリーマンを多く見るようになりました。
しかし、気になるのがアンダーシャツ(下着)がかなり目立つ人が多いことです。今回は、アンダーシャツ(下着)が透けない方法を、着用例を見つつ、考えてみます。

夏に相応しいスーツスタイルとは?

7月に入ると、東京では30度を超える日も出てきており、正直タイドアップには厳しい陽気です。そんなことは百も承知なのですが、諸事情でスーツを着なければならない事もあるのが日本のサラリーマンです。ということで、今回は敢えて、夏用に相応しいスーツとは何か、を考えてみます。

強撚糸+ワキ汗対策が凄い「グンゼYG 清涼カットオフ」シャツ

グンゼのYGカットオフから、清涼タイプを謳う製品が発売されていたので、従来品との比較を交えつつ、レビューしてみます。

スーツスタイルを華やかにする「花小紋のネクタイ」を考える

「スーツスタイルを少し華やかにしたいけど、派手にはしたくない」という要望にぴったりな、花小紋のネクタイについて、ビジネスでの着用是非、あわせかた/コーディネート例などを交えて考えます。

スーツスタイル「ボタンのルール」を考える

スーツのボタンは全部留めるべきか、着席時には開けるべきか、ベスト(ウェストコート)の一番下のボタンは外すべきか、本切羽のボタンは外すものなのか……等々、スーツのボタンにまつわる話を考えます。

スーツスタイルにもっと「麻シャツ」を!

夏に涼しく快適で、見た目にもカジュアル過ぎない、麻のシャツについて、選び方やスタイリング例などとともに考えます。

Copyright© サラリーマンのファッションを考える , 2018 All Rights Reserved.