コーディネート

着こなし

スーツスタイルの「一点豪華主義」は良い? 悪い?

平成30年(2018) 11月25日    , , ,

ダメな男性ファッションの典型と批判されることの多い「一点豪華主義」について、肯定派・否定派によるメリットとデメリットををまとめました。また、一点豪華主義を実践する場合のポイントについても考えてみました。

タイ(ネクタイ)

ネクタイをプレゼントするなら「ドット柄(水玉模様)」をオススメする理由

男性にネクタイをプレゼントする際、何故ドット柄(水玉模様)のネクタイが良いのか、5つの理由を述べた上で、ドット柄ネクタイの選び方について、色、柄、予算等について考えました。

着こなし 考察

デニムシャツの活用、ジャケットとのコーディネートを考える

最近はビジネス向けのデニムシャツを用いたコーディネートをちらほら見かけます。そこで今回は、デニムシャツについて、ジャケットやネクタイとのコーディネートやビジネスでの利用是非について考えます。

腕時計

汗に強い腕時計の革ベルトを試す

コーディネートをクラシカル寄りに倒したい場合、またビジネスライクな腕時計を休日用として使いたい場合も、腕時計のベルトは金属製より革製が良いのですが、やはりこの暑い時期は汗ですぐ傷んでしまうというデメリットが……。汗に強い腕時計の革ベルトについて、購入の経緯から製品選択の過程、そして実際の使い心地についてお伝えします。

ジャケパン

クールビズの着こなしを考える ~「スーツからネクタイとっただけ」からの脱却~

クールビズはどういう格好をすれば良いのか迷う部分が多いのも事実です。そこで今回は、どこでも通用するベーシックなジャケパンに絞って、どんな格好ならこの季節のビジネスシーンで業種/職種問わず広く活躍できるか、さらに、ありきたりのジャケパンにどんな工夫が出来るかも考えてみます。

収納

スーツスタイル、衣替えが有効なアイテムとは?

衣替えが有効なアイテムは何か? を考えます。また、クリーニングが必要そうなアイテムについては、その要否についても考えてみます。

着こなし

春らしい装いのポイントを考える

季節の変わり目は、次の季節の装いを先取りするチャンスでもあります。ということで今回は、ビジネス用途に焦点をあて、スーツスタイルにおける春らしい、旬な装いにはどんな工夫が可能なのかを、色・素材・香りの観点から考えてみます。

タイ(ネクタイ)

5つのステップで考える、ビジネスで好印象なネクタイの選び方

皆さんは、どの様にネクタイを選んでいますか?
少し前の話になりますが、「ネクタイをサクッと選ぶ方法はないでしょうか」という質問をいただきました。
サクッと選べるかどうかはともかく、普段私が実行している、ネクタイの選び方を、ポイントを絞ってご紹介したいと思います。

腕時計

サラリーマンに腕時計は必要か? を考える

「会社にどんな腕時計をしていけば良いか」「そもそも腕時計は必須なのか」という問いについて考えます。街中に時計が溢れ、PCやスマホなど正確な時間を提供するデバイスが常に近くにある私たちサラリーマンにとって腕時計は必要なのでしょうか?

タイ(ネクタイ)

ビジネスでも使える? 流行兆しが見える「ペイズリータイ」を考える

ペイズリーの概要から、ペイズリータイをビジネスに利用できるのか、利用する場合はどの様な工夫が必要かなどを考えてみます。

着こなし

夏に相応しいスーツスタイルとは?

7月に入ると、東京では30度を超える日も出てきており、正直タイドアップには厳しい陽気です。そんなことは百も承知なのですが、諸事情でスーツを着なければならない事もあるのが日本のサラリーマンです。ということで、今回は敢えて、夏用に相応しいスーツとは何か、を考えてみます。

タイ(ネクタイ)

スーツスタイルを華やかにする「花小紋のネクタイ」を考える

「スーツスタイルを少し華やかにしたいけど、派手にはしたくない」という要望にぴったりな、花小紋のネクタイについて、ビジネスでの着用是非、あわせかた/コーディネート例などを交えて考えます。

タイ(ネクタイ)

ネクタイをきれいに結ぶ3つのポイント

ネクタイをきれいに、簡単に結ぶためのtipsをご紹介します。

新入社員向け

新入社員向け「スーツスタイルと仲良くなる」方法

「カジュアルだと上手くいくのに、スーツ姿だとダサくみえる。なにか手っ取り早く改善できる良い方法はないか」という質問について考えます。

着こなし

スーツスタイルの制汗と防臭を考える(制汗編)

スーツスタイルの制汗について、Tipsをまとめてみました。

タイ(ネクタイ)

ネクタイの選び方・カラーコーディネートだけじゃない7つのTIPS

シックなサラリーマンのスーツは、その殆どが、どんな色にも合いやすい灰色か紺色です。従って色については、基本的に自分の好みや演出したいものを選べば良いと考えています。今回はあえて色合わせ以外の観点から、ネクタイのコーディネートについて考えたいと思います。

書評

スーツスタイルを学べる少女漫画『テラモリ』が面白い

テーラーでアルバイトをすることになった女子大生を描いた漫画『テラモリ』。その予想以上に濃い内容をご紹介します。

着こなし

スーツスタイルの防寒とお洒落を考える(後編)

冬にあうスーツスタイルについて、前編に続いて「生地」の観点から考えてみます。また、番外編として、オイル式カイロについてもとりあげます

着こなし

スーツスタイルの防寒とお洒落を考える(前編)

スーツスタイルを温かくする(自身が温かくなる+温かそうに見せる)グッズを、防寒とファッション両方の観点から、俯瞰的に考えようと思います。

考察

結婚式にボタンダウンシャツはあり?

結婚式や披露宴に、ボタンダウンを着ていくのは大丈夫か、を考えます。「カジュアルなボタンダウンシャツは式典には相応しくない」云々という話は色々なところで見聞きしますが、なぜ相応しくないのか、どういった場所ならば良いのか、そしてボタンダウンの良さは何かなど、考えてみることにしました。

Copyright© サラリーマンのファッションを考える , 2018 All Rights Reserved.