靴下

無印良品の格安ホーズ「オーガニックコットン混足なり直角ビジネスハイソックス」を買ってみました

投稿日:平成30年(2018) 9月30日

_MG_1679

先日、福助のロングホーズをレビューした際に、無印良品のロングホーズについての情報をいただきました(当該コメント)。

確認すると税込350円、しかも単品で送料が無料ということもあって、早速買ってみることに。

そこで今回は、無印良品のロングホーズ「オーガニックコットン混足なり直角ビジネスハイソックス」について、実際に履いて試しつつ、他社製品との比較をしてみようとおもいます。

※ ロングホーズってなんだ? という方は、福助のロングホーズを紹介した記事の項番1「ロングホーズってなに?」をご覧下さい。

1.製品概要

_MG_1675

  • 製品名:オーガニックコットン混足なり直角 ビジネスハイソックス
  • 価格:350円(税込)
  • 色展開:黒のみ
  • サイズ展開:25-27cm、28-30cm
  • 素材:綿73%、ポリエステル23%、ナイロン3%、ポリウレタン1%
  • 製造国:タイ王国
  • リンク:公式サイト

 

2.外観レビュー

製品外観

_MG_1670

配送料0円でしたが、普通に宅配便で届きました。

 

_MG_1673

はいっていたのはこれだけ。なんだか申し訳ない気持ちになります(他に買う物が無かったので……)。

 

_MG_1675

色は黒のみ。サイズは今回購入した25-27cmと、28-30cmの2種類が選べます。

以前紹介した低価格ロングホーズのソックスBOXは1種類ですから、足のサイズが大きな方にとってはアドバンテージになるかと思います。

 

_MG_1676

主成分は73%を占めるオーガニックコットンです。

 

_MG_1680

展開したところ。リブ(畝)はなく、マットな感じです。また、履き口の部分が、軟らかくかつ柔軟性のある素材で出来ています。

そして特徴的なのが、この直角に曲がった踵部分ですね。

着用時の外観

全体

_MG_1689

いつも通り、トルソーに履かせてみます。

つま先

_MG_1691

つま先部分。まず感じたのが、つやが無くとても「マット」なことです。

オーガニックコットンを全面に打ち出しているように、ナチュラルであることを強調する質感です。

 

_MG_1696

つま先を横から。価格が数倍の福助やSEEKにはかないませんが、綺麗な縫合です。

かかと

_MG_1693

踵部分。

直角に曲がっているため、引っ張られて生地が薄くなっている部分がありません。

 

_MG_1697

くるぶしの部分。

ふくらはぎ

_MG_1694

ふくらはぎ。特徴として、(先述したようにマットであることに加え)透けにくいという点が挙げられます。

通常、リブ編みになっていない場合、このようなドレス用ホーズではけっこう透けることが多いですよね。いわゆる「おじさん靴下」と一時期揶揄(やゆ)されたやつです。

しかし、相応の薄さ(後述)であるにもかかわらず、透けにくいのは凄いことなのではと思います。

生地の拡大

_MG_1699

_MG_1700

やはりマットですね……。

よく言えばナチュラルやカントリー、悪く言えば艶や色気を感じないという雰囲気です。

 

3.履き心地レビュー

一度水に通した後、実際に履いた感想をまとめると以下の通りです。

  • 生地がとても柔らかく、肌触りがよい。
  • 全体的な締め付けは弱い。
  • 履き口も軟らかいため、膝下が楽。
  • 通気性はそこそこだが、吸湿性は高い。
  • かかとが直角であることのメリットは分からない。

SEEKや福助のような、履いたときに「はきやすい!」という感動はありませんでしたが、ロングホーズとしての要件を満たした上で、履き心地が良好な、優れた製品だと思います。

 

4.他社製品との比較

前回記事の比較表をアップデートしつつ、確認していきます。

価格

image
※ 本稿では税込(消費税8%)で表記しています。

これを見ると驚異的ですね。

さらに、3足セットで購入すると890円と、1足300円未満というとんでもない価格になります。

厚み

image

前回同様、3つの部位をデジタル測定器を用いて計測してみました(2枚一緒に挟んだ状態で計測)。

 

image

こちらがその結果です。

注目すべきは、部位Bの薄さでしょう。ここはふくらはぎを覆うメインの部分ですが、この薄さで先述の透けにくさを実現しているのは驚きです。

とはいえ、無印良品以外は全て厚みの出やすいリブ編みのため、少しずるい比較かも知れません。

※ なお、SEEKはSXF134(レビュー記事)、福助はfukuske 6:2リブ ドレスロングホーズ(レビュー記事)、ハリソンはエジプト綿ワイドリブ(レビュー記事)、タビオはメンズ9x2つやリブビジネス(レビュー記事)、ソックスBoxは4足セットの方(レビュー記事)を対象として計測しました

評価

image

いまのことろ、暫定でこんな感じです。

見た目

個人的には、足首やふくらはぎが綺麗に見えるため、ドレス用のロングホーズであればもう少し光沢があった方がよいと感じます。

そのため、光沢感に優れるソックスBoxをC+にした上で、本製品の評価をCとしました。

耐久性

まだ連用しているわけでないため、不明としています。

履き心地

吸湿性や肌触りなど、タビオやハリソンには及ばない物の、ソックスBoxよりは上と感じました。

張り付き

ズボンの「まとわりつきにくさ」については、その薄さからソックスBoxよりは上でした。ただし、素材そのもののがマットでフサフサしているため、数値的には厚めのタビオや福助には劣ると感じます。

コスパ

文句なしのA+です。

 

5.まとめ

メリット/デメリット

メリット

  • 安価かつ高いコストパフォーマンス
  • ふわふわの肌触り
  • 大きな足用のサイズもある

デメリット

  • 色が黒しかない
  • 艶がない
  • 宣伝されているほど履きやすいわけではない※

※ SEEKや福助などとの比較。また、足の形によって履きやすさは異なるため、あくまで主観的なデメリットであることに注意。

所感

光沢感がなく色が黒のみという欠点はあるものの、それを消し去るほどの高コスパの製品だと感じました。このレベルの製品を、この価格で販売していることにとても驚きます。

たとえば、就活中の大学生や新入社員が購入するホーズとしては、第一候補として推奨できると感じました。

一方で、スーツの色に合わせて紺色を選びたいとか、足首やふくらはぎを美しく見せるために艶が合った方が良いとか、リブ編みが好みだとか、というケースには向かない製品です。

そういった方にはソックスBoxや、少し値が張りますがこれまでにレビューしたその他の製品をオススメします。

 

リンク

今回比較した他社製品のレビュー記事

 

-靴下
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© サラリーマンのファッションを考える , 2018 All Rights Reserved.