「 カジュアル 」 一覧

デニムシャツの活用、ジャケットとのコーディネートを考える

最近はビジネス向けのデニムシャツを用いたコーディネートをちらほら見かけます。そこで今回は、デニムシャツについて、ジャケットやネクタイとのコーディネートやビジネスでの利用是非について考えます。

汗に強い腕時計の革ベルトを試す

コーディネートをクラシカル寄りに倒したい場合、またビジネスライクな腕時計を休日用として使いたい場合も、腕時計のベルトは金属製より革製が良いのですが、やはりこの暑い時期は汗ですぐ傷んでしまうというデメリットが……。汗に強い腕時計の革ベルトについて、購入の経緯から製品選択の過程、そして実際の使い心地についてお伝えします。

防水なのに蒸れない! ゴアテックスの雨用革靴を買う

ジャケパンに似合う、ゴアテックスを使った雨用の革靴を選んでみました。実際に購入し、デザインや履き心地などもレビューしてみます。

クールビズの着こなしを考える ~「スーツからネクタイとっただけ」からの脱却~

クールビズはどういう格好をすれば良いのか迷う部分が多いのも事実です。そこで今回は、どこでも通用するベーシックなジャケパンに絞って、どんな格好ならこの季節のビジネスシーンで業種/職種問わず広く活躍できるか、さらに、ありきたりのジャケパンにどんな工夫が出来るかも考えてみます。

ボタンダウン的なのにフォーマルに使える? スナップダウンシャツを考える

ボタンダウンに近いのに、カジュアルに見えない「スナップダウンカラーシャツ」のメリット/デメリットについて、写真を交えながら考えてみます。

ノータイでも襟を綺麗に見せる「WINGMAN」をクラウドファンディングで支援してみた

クラウドファンディングで、シャツ襟を綺麗に固定できるとするカラーステイ「WINGMAN」を支援(購入)しました。良い点/改善点なども含め、レビューします。

スポーツ庁の「スーツスタイルにスニーカー」施策を考える

スーツに白いスニーカーという愉快な格好が話題になった、スポーツ庁の「FUN+WALK PROJECT」。 スーツスタイルにスニーカーは本当にダメなのか、を考えてみました。

夏に相応しいスーツスタイルとは?

7月に入ると、東京では30度を超える日も出てきており、正直タイドアップには厳しい陽気です。そんなことは百も承知なのですが、諸事情でスーツを着なければならない事もあるのが日本のサラリーマンです。ということで、今回は敢えて、夏用に相応しいスーツとは何か、を考えてみます。

スーツスタイルにもっと「麻シャツ」を!

夏に涼しく快適で、見た目にもカジュアル過ぎない、麻のシャツについて、選び方やスタイリング例などとともに考えます。

ビジネスマンのための「ジャケパンの基本」

ジャケパンスタイルの基本について、ジャケット、ズボン、靴、シャツ、ベルト、ジャケット素材等々の観点から考えてみます。

ネクタイをきれいに結ぶ3つのポイント

ネクタイをきれいに、簡単に結ぶためのtipsをご紹介します。

First Experienceのカジュアルシャツ「Chemise247」レビュー

オーダーシャツ屋First Experienceのカジュアルシャツライン「Chemise247」がデビューしました。人柱を兼ねてすぐに注文し、先日納品されました。遭遇したトラブルを含め、レビューしたいと思います。

「スーツの上着」を「ジャケット単品」として使えるか考える

スーツの上着と単品ジャケットについて、その違いや、どんな上着だったらジャケットに転用可能か、などを考えます。

スーツ好きの「こだわり度」判定シート(前編)

雑誌で、店頭で、SNSで見聞きする、服好きの「こたわり」について、スーツに焦点を絞って考えてみたいと思います。あなたの「こだわり度」はどのくらいでしょうか?

スーツスタイルの防寒とお洒落を考える(後編)

冬にあうスーツスタイルについて、前編に続いて「生地」の観点から考えてみます。また、番外編として、オイル式カイロについてもとりあげます

スーツスタイルの防寒とお洒落を考える(前編)

スーツスタイルを温かくする(自身が温かくなる+温かそうに見せる)グッズを、防寒とファッション両方の観点から、俯瞰的に考えようと思います。

結婚式にボタンダウンシャツはあり?

「カジュアルなボタンダウンシャツは式典には相応しくない」云々という話は色々なところで見聞きします。 なぜ相応しくないのか、どういった場所ならば良いのか、そしてボタンダウンの良さは何かなど、考えてみることにしました。

「少し秋らしい装い」を考える

残暑厳しい秋口の装いについて、色と素材から考えてみました。

靴ひもで、革靴の【オン⇔オフ】を入れ替える

革靴の靴ひもを交換することで、靴の表情をぐっと変えることが出来ます。今回は、色の違う靴ひもを通すことにより、クールビズにも活用できるカジュアル化にチャレンジしてみます。

日本人が、会社にスーツを着ていくことの是非

「世界の常識として、スーツはすでに廃れたファッションである。滑稽で恥をかくので、日本人はスーツを着て仕事に行くのを止めるべきだ」 という意見について考えます。

Copyright© サラリーマンのファッションを考える , 2018 All Rights Reserved.