サラリーマンのファッションを考える


結婚式にボタンダウンシャツはあり?

   

LINEで送る
Pocket

_MG_7009

ボタンダウンシャツは、お持ちですか?

私はジャケパンやノーネクタイなど、比較的カジュアルな装いで活用することが多いのですが、先日出席した結婚式で、ボタンダウンシャツをお召しの方が何人かいらっしゃいました。

「カジュアルなボタンダウンシャツは式典には相応しくない」云々という話は色々なところで見聞きします。

しかし、なぜ相応しくないのか、どういった場所ならば良いのか、そしてボタンダウンの良さは何かなど、もう少し検討の余地があるのでは無いかと思います。

そこで今回は、ボタンダウンシャツについて考えてみることにしました。

 



1.ボタンタウンシャツとは

_MG_7006

ボタンダウン(button-down)とは「ボタン留め」という意味で、襟をボタン留めにしたものをボタンダウンカラー、その襟を採用したシャツをボタンダウンシャツといいます。

出自

ブルックス・ブラザーズが、ポロ競技選手が着ていたシャツをヒントに、20世紀初頭に初めて製品化したと言われています。(いわゆるアイビー世代にとっては、アイビーのシンボル的シャツとされているようです。今でも、その世代の方々がボタンダウンシャツを着ているのを、高確率で目撃します……。)

そのため、どちらかというとスポーティで、活動的な印象のシャツ、とされています。

ノータイで襟先が安定する

見た目のスポーティさの他にも、重要な利点があります。

通常のシャツ襟の場合は、ネクタイ着用を前提としているため、ネクタイを外すと襟が崩れやすいですよね。

一方ボタンダウンシャツは、ネクタイが無くてもボタンによって襟先が固定されているため、襟が常時安定しているという特徴を持っています。

この点は夏場のノーネクタイスタイルでも活躍する、実用面でボタンダウンシャツが優れていると感じる部分です。

 

2.結婚式とボタンダウンシャツ

_MG_1112

それでは早速、なぜ結婚式にボタンダウンシャツは相応しくない、とされているのか考えてみます。

畏まった装いには、スポーティさは不向き

結婚式や披露宴は、クラシカルな盛装が求められます。 これは、結婚式が単なる「お祝い会」だけでなく、式典としての要素が大きいからですよね。

従って、畏まった要素を低減させる、スポーティさは取り入れない方が良いという判断が出来ます。

このことからボタンダウンシャツは結婚式に相応しくないと言われることが多いようです。

※ 以前、披露宴の服装について扱った記事を書きましたので、この点について詳しく見たい方はご覧下さい。

二次会やカジュアルな結婚パーティには良いかも

一方で、畏まった印象が不必要(不向き)な二次会や、飲食店やホテルのラウンジで行われる結婚パーティには、スポーティな雰囲気のボタンダウンが活躍することでしょう。

特に、会の趣旨や店、メンバーからカジュアルな服装が予想される場合、だらしなくさせずにドレスダウン出来るディテールなので、重宝します。

ボタンダウンがフォーマルウェアになる日?

少しひねくれた考えですが――「ボタンダウンはスポーティな印象」というのは、果たして普遍(そして不変)の法則なのでしょうか。実際は違うかも知れません。

というのも、ボタンダウンがスポーティな衿型とされるのは、本当は(前言を翻すようで恐縮ですが)「ボタンダウンの出自がスポーツ関連だから」ではないと考えています。

理由や由緒は信憑性を高める物語に過ぎず、直接的な要因は「皆がスポーティな衿型と認識しているから」ではないでしょうか。単なる紙切れを1万円札と大切にするのと同じですね。

現在のスーツはかつて「ラウンジスーツ」と呼ばれ、つまりは部屋着だったわけです。しかし今ではオフィシャルなシーンにぴったりの服装になっています。この様に、この手のファッションに対する認識は、時代や社会背景によって常に変わります。

この先ノーネクタイ化がさらに進み、ノータイでも襟が綺麗に見えるボタンダウンが重用され、いつの日か畏まった装いに相応しいとされる日が来るかも知れませんね……。(その時はジャケットすら時代遅れになっているかも……。)

 



3.ビジネス用途とボタンダウンシャツ

_MG_7030

続いて、私たちビジネスマンが、ボタンダウンシャツを日々のビジネス現場に取り入れる際に気をつけるべき事を考えてみます。

スポーティであることを利用する

堅苦しい雰囲気が嫌われがちなセミナーや勉強会への参加、そもそもカジュアル化が進んでいるIT業界や出版・広告業界、真夏の内勤など、スポーティであることが好印象に繋がる場合はお薦めです。

ノーネクタイで活躍

ボタンダウンは衿が立つので、ノーネクタイでもシャツが綺麗に見えます。冒頭で少し言及しましたが、ノータイでジャケットを着た際に襟が崩れることが無いため、重宝します。

_MG_7045

上の写真は、ワイドカラーのシャツにジャケットを着せたものです。一見まともに見えますが、このスタイルは、少し動いただけで……

 

_MG_7046

この様に、簡単に襟がジャケットの中に沈み込んでしまいます。結構格好がわるいですよね……。

ボタンダウンシャツであれば、この様なことは起きません。

ボタンを見せたくないが、襟を立たせたい場合

ボタンを見せたくないが、襟は立たせたい。そんなときは「スナップダウン」か、「隠しボタンダウン」がお薦めです。

スナップダウンシャツ

_MG_7034

上の写真は、ボタンダウンでは無いのに襟が立っています。仕掛けは襟の裏にあって……

 

_MG_7036

このように、スナップで留められるようになっています。オーダーシャツでしか見かけない仕様ですが、興味のある方はシャツを注文する際に、スナップダウンに対応しているか確認してみて下さい。

隠しボタンダウンシャツ

金属パーツは使いたくないという方にお薦めなのがこちら。

_MG_7040

上の写真もボタンが無いのに襟が立っています。

 

_MG_7038

種明かしはこちら。襟の後ろにループがついており、これをボタンで留めていたわけです。

スナップダウンに比べて、若干襟が浮きやすいというデメリットが有るものの、こちらの方がクラシカルな雰囲気になります。

いずれも、「日中タイドアップしたいが、夜、飲み会などでタイを外したい。しかしボタンダウンはイヤだ……」などというシーンで活躍すると思います。

 

4.スリーピースとボタンダウンシャツ

_MG_7016

これは完全に個人の好みの問題なのですが――私は三つ揃い(スリーピース)にボタンダウンを合わせることはしません。

クラシカルとスポーティのちぐはぐ

一つ目の理由は、スリーピースがクラシカルなイメージのコーディネートなのに対し、スポーティなボタンダウンを合わせてしまうと、ちぐはぐな印象になると考えるからです。

襟がスッキリしない

二つ目は、シャツ襟に重なるウェストコート(ベスト、ジレ)の襟が、ボタンとぶつかってガチャガチャした印象に見え、単純に格好が悪いと考えるからです。

ウェストコートに上手くシャツの羽根が仕舞われると美しいのですが、その点が台無しになってしまいます。

また、ウェストコートはフロント部分のボタンが多いため、シャツのボタンが加わることでボタンだらけにも見えてしまいます。

とはいえ、最後は個人の自由

ここ最近、三つ揃いブームの影響か、雑誌の表紙などでスリーピースとボタンダウンを合わせている写真を見ることが多くなりました。(さすがにスーツ中心のファッション雑誌で見たことはありませんが……)

紳士服に興味が無い層からすると、三つ揃いはなんとなく「お洒落度が高い服」くらいの印象しか無く、そしてボタンダウンもその出自やウェストコートへの襟のおさまりなど関係ないことなのかも知れません。

色ステッチや大量のボタンがついたシャツに見られる様に、装飾が増える=お洒落という認識が、一部には根強くあるようです(私はその考えに反対しますが)。その点に立つと、スーツにウエストコートを加え、シャツ襟にボタンを加え、ジャケットに「ラペルピン」を加え……というお洒落が成り立つのだと思います。

まぁ、ファッションは礼儀や自身の考えを表現するツールという面がある一方、自分の着たい物を着て楽しむという面もあります。最低限のマナーさえ守れば、この程度の組み合わせは最後は個人の自由でしょう。(身も蓋もない話ですが^^;)

 

5.最後に

ボタンダウンを愛するアイビー世代の単語として「ボタンレス・ボタンダウンカラー」という言葉があるそうです。 ボタンがついていないボタンダウン――つまり、普通のシャツ襟を指す言葉で「ボタンダウンが標準」という思いが込められているように感じます。

中には、ボタンダウンこそ至上で、披露宴も絶対にボタンダウン、という方もいらっしゃるようで。

ここまでくるとボタンダウンは一種のアイコン/トレードマークとしての地位にあって「ボタンダウンはインフォーマルだから――」と、心に思っても言うのは野暮なのかも知れません。

皆さんはどうお考えになりますか?

 

 - 考察 , , , , , , , , ,


▼「いいね!」をすると、新しい記事の更新通知を受け取ることが出来ます

  関連記事

コメントの投稿

19 コメント on "結婚式にボタンダウンシャツはあり?"

並び順:   最新 | 最古

個人的な意見ですが、結婚式でボタンダウンは僕自身着ません。やはりカジュアル/スポーティーな印象が拭えないので!ただ現実はボタンダウンが多い…
販売員なのでお客様に伝えているのは二次会でなら…ボタンダウンは大丈夫じゃないでしょうか?くらいのものです。
結婚式は祝いの場であるとともに厳粛なな誓いの場でもあるのでそこにスポーティーさは不必要と考えます。
お客様で多いのが、普段の仕事でも使えるようなものが良い!と言われる事。なのでボタンダウンを着て参列する…式用に買うのは…という感じです。

スリーピースの時私もボタンダウン着ません。襟周りがごちゃごちゃする事。シンプルにスッキリ見えないのが嫌なので。

とはいえ、世の中の流れがこれからどうなっていくのか…
最後の一文に、ボタンダウンはアンフォーマル。と思っても言うものではない…そこに尽きるのかなと。

ボタンダウンシャツを格好良く着ている人っていませんよね。シャツなんかどうでもいいと思っている人が着ているシャツ=ボタンダウンという印象です。

意味も分からず、ボタンが多く付いてるからオシャレなんだろうと思っている人が大多数だと思います。ドゥエボットー二も同様に。

安価なシャツ店では、ほとんどボタンダウン、カラーステッチ、二重襟という具合で見ちゃいられません。

シャツに無関心な人が着ているシャツだから、ボタンダウンシャツの地位も低いのでは、と感じています。

時代の移り変わりとともに、常識も変わっていくのは理解しているものの・・・。

「ボタンダウンは、スポーツウェアが発祥(と認識している??)」、「身だしなみは相手の為にするもの」という観点で、結婚式でのボタンダウンシャツの着用はできないですね。ビジネスでも。
自分の身なりを見て、相手が不愉快になる場合もあるので、無難(世間一般のドレスコードに準じた)な恰好になります。

Men’s EXでも、スーツにボタンダウンシャツとネクタイの組合わせで写真を掲載していますが、個人的には、滑稽に映るんですよね・・・。

自分としては、慶事では最大限遊んでピンホールカラーかタブカラーですね。
スーツやジャケパンにボタンダウンを合わせるのすら拒否反応があります。
(アメリカントラッドの場合は意図的に合わせますが)

結婚式帰りの人のなかに、カラーボタン・カラーボタンホール・カラーステッチ・二枚襟のボタンダウンを着用し、タイドアップしているのを見るとなんともいえない気持ちになります…

新郎新婦側が問題ないと考えているならそれでもよいのですが、自分の場合は『やめて欲しい』というのが正直な感想です…

「常識」って、どうして変わるんですかね。
①守ることが非合理的になってきた場合
→「クールビズ」なんかそうですね
②マーケットによる意図的な書き換え
→「リクルートスーツ」などはそんな感じでしょうか
③文化としての伝達・教育の失敗
→世代間での伝達が行われず、「集団的記憶喪失」の状態に

フォーマルな服装についての議論をするとき、③はかなり大きいと思います。
①・②は結果的に③にもつながっていますし。

だだ、そもそも日本の場合はちゃんと服装についての教育を受ける機会が家庭でも、学校でもあまりない(という人が多い)。例えば革靴を磨くとか、洋服にブラシをかけるとか、私は自分が興味あったから自然に覚えましたが、家でも学校でも誰かに習ったことはなく、20代前半の時は結構ルール無視のむちゃくちゃな服装してました。
見よう見まねで外国の文化を取り入れて、適当にやっているうちにいろいろローカルルールが混ざって行って、収拾がつかなくなって現在に至る、って感じだと思います。
結婚式にボタンダウン、というのはそういう土着的な派生文化というか、「文化の変遷」というよりは「文化以前の部分での躓き」が形になったもの、という気がしています。

そもそも結婚式に限らず、私はBDシャツをビジネスでは一切着ません。
どなたかが書かれていますが、洋服に一切無関心の人が
着るシャツという認識に同意します。

フォーマルかどうかは、また別問題だと思います。
主催者側がドレス・コード基準を設けているかで、
場合によっては多少の遊びがあってもいいわけです。

であるとしてもBDシャツを公式に着ていて滑稽でないのは、
せいぜい大学生ぐらいまで、と思います。
社会人にもなってBDシャツとは…驚きです。

という常識の範囲を考えなくても、BDシャツではどう考えても
ビジネス・シーン、オフィシャル・シーンで格好良く着る事は出来ない、
と私は思います。格好良い基準が人様々ですけれども。

アンディ・ウオーホルがブルックスのBDシャツとリヴァイス501を
組み合わせしていましたが、あのウオーホルですら、せいぜいその程度でしか
BDシャツの許容範囲を超えられなかった、と想像します。

つまり、BDシャツというのは限られたシーン、年代でしか
着れないシャツ、と思うのです。

それぐらい、誰かが指摘しなくても…と思っても、
やっぱり分からない人が多い、ということでしょう。
残念ながら。

ボタンダウンのシャツがカジュアルと云うのはトラッド好きの私にも判りますが、葬儀の折の喪主がダブルの黒服を着用したり、午後の婚礼でモーニングを着用したり、午前の婚礼で新譜がぢなージャケットを …など非常識さは彼方此方で見受けられます。
最近は半袖シャツの襟がクレリックになッテ居たりもします。
何を今更BDシャツが改まった席に云々と云うのでしょうか?
最近の雑誌などで、訳の我からに小僧記者が適当な記事を書くと、それを崇めるかのように若者が真似をする。
当年67才の私は15才で初めてBBのBDシャツをお土産に貰って以来のトラッド思考のジジですが、BDシャツがカジュアル側に寄って居る知りつつ祝儀不祝儀には着てゆきます。
でも、大半はエインズレーカラー(BBのセミワイドカラー)ですが…
BDは云々と知った風なことを云う奴に石を投げたくなります(笑)
3PにBDを来ます、今風のワイドスプレッドなBDでは有りませんが…

50代ですがボタンダウンをフォーマルの場で着てはいけない何て初耳で驚きました。
アメリカでは大企業の重役も着ているのに、日本だけのことなのかな。
と言う訳で私の世代の多くはビジネスの場や結婚式でも着ることが多いですよ。
ネクタイの代わりにボウタイを合わせることも良くあるし、スリーピースには本当によく合うシャツだと思います。

wpDiscuz