個人輸入

海外個人輸入ビスポークシャツ(オーダーシャツ)のススメ | 第7回 「Jazzanoまとめとフォトレビュー」

投稿日:平成22年(2010) 5月23日

_MG_1176.jpg
120番双糸。Jazzano製。
回は、Jazzanoのまとめとフォトレビューをお送りします。Jazzano編の最終回です。
以下、まずはJazzanoの良いところと悪いところをまとめてみます。



■メリット

・とにかくコストパフォーマンスが高い
・沢山の生地がある
・値段の割に縫製も良い
・フラシ芯も使える、アームホールも調節できるなど自由度が高い
・店主が良い奴 (個人的感想ですが^^;



■デメリット

・英語のみ
・チャイナクオリティな部分もある
・価格が時期により変わりやすい
・納期が遅い

他にも、「自分で自分の体を測定する事が難しい」「そもそもテーラー(フィッター)が居ない状況ではビスポークシャツとは言えない」などの批判やデメリットがあるかと思います。
しかし、そのようなデメリットを差し置いても、Jazzanoのシャツは「買い」だと思います。
何度か繰り返しオーダーし、少しずつサイズを変更していくのも楽しみのうちですし、なによりお得感が非常に高いのです。

一度、トライしてみることをお薦めします。

続いて、フォトレビューです。

■フォトレビュー

_MG_1165.jpg
▲シャツ全体
120番(番手とは生地を構成する糸の細さ)なので、少しテロテロしています。
ビジネス用はこの辺の番手が限界。
_MG_1178.jpg
▲襟を裏返したところ
チャコールペンではなく、鉛筆でアタリをつけているのがチャイナクオリティw
まぁ、見えないところなので良いですが、ちょっと新鮮。

_MG_1175.jpg
▲ボトムの継ぎ目
当て布は有りません。
まぁ、実用的と言ってしまえばそれまでですが、シャツマニアには受けなさそうです。

_MG_1174.jpg
▲カフと剣ボロ
縫製はそれなり。前回のカミチャニスタと同程度か、少し上くらい。

_MG_1168.jpg
▲バック
スプリットヨーク(背中の布を2つにして作成すること)になっています。
購入時点でこのオプションは無料でした。すごい。
ストライプのシャツなんか、これをやると凄く綺麗に見えます。

IMG_1166.jpg
▲ボタン
たぶん高瀬貝。縫い付けも綺麗で、しっかりしています。

IMG_1163.jpg
▲ブランドタグ
知らないブランドですが、一応ブランドタグが付いていました。

次回は、お薦め海外通販シャツ屋の2点目、「ModernTailor」のレビューをしたいと思います。
(その前に、2,3他の記事が入るかもしれませんが……)

 

-個人輸入
-, , , , ,

Copyright© サラリーマンのファッションを考える , 2019 All Rights Reserved.