個人輸入

海外個人輸入ビスポークシャツ(オーダーシャツ)のススメ | 第4回 「Jazzanoレビュー」

投稿日:平成22年(2010) 5月15日

外ビスポークシャツをメールオーダー(要は、「自分サイズのぴったりシャツの海外通販」)するには、どこで製作を頼めばよいのでしょうか。
私のお薦めはいくつかあるのですが、まずはJazzano.comを提案します。


■Jazzanoってなに?

Jazzano.comは某欧州人が香港で開いているテーラー――正確には、テーラーのネットワークです。

・生地

イタリアのブランド生地や、OEM生地(ブランドが買い付けている、ブランドタグが貼られる前の生地)、東南アジアのシルク混生地等を扱っています。
(東南アジアには品質の高い生地の生産地が多く、そこから仕入れた生地も使って仕立てているようです。)
生地は豊富にあり、選り取り見取りです。


・縫製

仕立てラインは2つ有るようです。
高級ライン:細番手(細い糸を使った高級な)生地は香港内の工場で縫製しています。
エコノミーライン:大陸本土で縫製させているようです。
仕立てについて文句はありません。(詳しくはフォトレビューを見て下さい)

・価格

時価としか言いようがありません。時期による変動が激しすぎるからです。ただ、ほとんどの場合他の店や日本でビスポークするより安価で、場合によっては綿100%、100番双糸が送料込みで60ドル(約5500円)と言うこともありました。

・納期

Jazzanoの欠点はここです。だいたい、1ヶ月強は見て下さい。香港からEMS(国際スピード書留)か、エアメール(Small packet)で届きます。
※オプションで早く届けて貰うことも出来るようになりました。

・言語

英語です。ただ、注文する際に文章を書く事はありません。

・決済

今のところ、クレジットカードとPayPalが使えます。

 



■Jazzanoを使ってみて

日本国内のビスポークにくらべ、1/3くらいの値段で作ることが出来ます。採寸さえしっかりできれば、とてもコストパフォーマンスが高い店です。

また、店主は良いやつです。というのも、今までに何度か納期が遅れることがありましたが、いずれも次の註文を半額にしてくれました。また、質問に対し、非常に丁寧な受け答えをしてくれます。
たとえば、こちらが「英語が苦手なので」と書くと、文章の末尾に言い換えた文章をもう一度書いてくれるという親切さです。

また、彼の夢として、東南アジアを拠点としたテーラーのネットワークを作りたいみたいです。インドネシアの生地とタイ王国の縫製技術は素晴らしいそうで、今後の拡大にも期待したいところです。

次回は、Jazzanoで注文する際のハウツーを紹介したいと思います。

 

-個人輸入
-, , , ,

Copyright© サラリーマンのファッションを考える , 2019 All Rights Reserved.