生地

タイ(ネクタイ)

ネクタイをプレゼントするなら「ドット柄(水玉模様)」をオススメする理由

男性にネクタイをプレゼントする際、何故ドット柄(水玉模様)のネクタイが良いのか、5つの理由を述べた上で、ドット柄ネクタイの選び方について、色、柄、予算等について考えました。

スーツ・ジャケットの手入れ

スーツの捨て時ってどんなとき?

スーツはどんな状態になったらで処分すべきか、劣化や汚れ、体型の変化など、5つの視点から「捨て時」を考えてみます。

ビスポーク(オーダースーツ)

スーツを初めてオーダーするとき、気をつけたいポイント

オーダースーツを初めて作るとき、どういった点に気をつければ良いかをご紹介します。店を選ぶとき/行くタイミング、何を着ていくか、どういう生地の選び方をすれば良いかなどを、自身の経験から考えてみました。

タイ(ネクタイ)

綺麗なノットに上品な光沢「京丹後ネクタイ」レビュー

First Experienceの新作、京丹後ネクタイ「TANGO」のレビュー。フォトレビューに加え、実際着用してみた感想、良い点と要改善点、どんな人にお勧めなのか等について考えます。

レビュー

工場直営で高い自由度、フェールムラカミでシャツを作る(First Experienceとの比較も)

大手シャツ工場直販のオーダーシャツ「フェールムラカミ」のレビュー。実際にオーダーしてみて、外観や着心地について試してみます。利用できるカスタマイズ/オプションのまとめや、大手通販シャツオーダー店First Experienceとの比較もしてみました。

着こなし 考察

デニムシャツの活用、ジャケットとのコーディネートを考える

最近はビジネス向けのデニムシャツを用いたコーディネートをちらほら見かけます。そこで今回は、デニムシャツについて、ジャケットやネクタイとのコーディネートやビジネスでの利用是非について考えます。

靴下

もう一つのソックスbox408格安ロングホーズ人柱レビュー。従来品との比較も。

1足500円を切るロングホーズに、さらに安価なセット品があったので購入してみました。従来品と若干長さが異なるため、比較しつつレビューしてみます。400円代で履き心地も見栄えもそこそこ良いという、「靴下に1,000円以上出せない!」と、お悩みの方にオススメの製品でした。

レビュー

First Experienceの新ライン「CAMI SETTE」のシャツを試す

オンラインシャツ店「First Experience」の新しい縫製ラインである「CAMI SETTE」についてとりあげます。ディテール、シルエット、着心地など、これまでの「プレミアムライン」とどう違うのか、実際に購入してレビューします。

下着

暑い時期、アンダーシャツの選び方(後編)

暑い時期のスーツ/ジャケパンの下着にはなにを使っていますか? 今回は、種類の多い「グンゼYGカットオフ」同士の比較と、個人的オススメの選定、ついでに上位製品でもあるSEEKとの比較もしてみます。

下着

暑い時期、アンダーシャツの選び方(前編)

いくつかのアンダーシャツをレビューしてきましたが、個人的にはグンゼのYGに落ち着いています。そこで、この機会にアンダーシャツを選ぶ際のポイントをまとめてみました。そして、なぜ選んたのか、優位性、そしてグンゼYGの中にも複数ある種類の整理(結局どれを買えば良いのか)をしてみたいと思います。

レビュー

First Experienceの新襟型「NEWセミワイド」を試す

襟型が綺麗なオンラインオーダーシャツ屋「Firest Experience」の新しい襟型「NEW セミワイド」の人柱レビュー。旧来のセミワイドや、ワイドカラーとの比較もしてみます。

スーツの生地

スーツの生地は国産と海外、どちらを選ぶ?

スーツを初めてイージーオーダーする予定という方から、国産と海外製の生地、どちらを選べば良いか迷っている、という質問がありました。
メーカーはもちろん、生地一つ一つでも個性が違うため、あまり型にはめて見ない方が良いのですが、とはいえ国産/舶来で緩やかな傾向があるのも事実ですので、この機会に考えてみようと思います。
スーツはオーダーしないという方も、国産生地と海外生地でどの様な違いがあるのか、考えてみると新たな発見があって面白いかも知れません。

タイ(ネクタイ)

5つのステップで考える、ビジネスで好印象なネクタイの選び方

皆さんは、どの様にネクタイを選んでいますか?
少し前の話になりますが、「ネクタイをサクッと選ぶ方法はないでしょうか」という質問をいただきました。
サクッと選べるかどうかはともかく、普段私が実行している、ネクタイの選び方を、ポイントを絞ってご紹介したいと思います。

オーバーコート

この冬見た、残念なオーバーコートの着こなしについて

この冬私が目にした、ビジネスマンの気になったオーバーコートの着こなしについて、振り返りたいと思います。

もちろん、スーツスタイルの着こなしに完全な正解はありませんが、シーンに相応しい一定のルールが存在するのもまた事実。今回は、ビジネスシーンを中心にみていきます。

考察

シャツ襟に入っている芯「カラーステイ」を外すのはアリ?

。現在市販されている、ドレスシャツの殆どに入っているであろうカラーステイ。カラーステイは必ずつけるべきなのでしょうか? 何のために入れてあるのか、外すとどうなるのか、実際に試しながら考えてみました。

レビュー

丈夫、ドレープ、良い肌触りの「精紡交撚生地」はもっと注目されるべき?

超高番手の単糸生地並の軟らさと艶があるのに、120番双糸でしかも安いという不思議な生地「精紡交撚生地」。製造元にぶつけた質問と実際に納品されたシャツのレビューを中心として、どんな用途に使えそうか、どんな人に向いているか等々、皆さんと一緒に考えます。

タイ(ネクタイ)

ビジネスでも使える? 流行兆しが見える「ペイズリータイ」を考える

ペイズリーの概要から、ペイズリータイをビジネスに利用できるのか、利用する場合はどの様な工夫が必要かなどを考えてみます。

下着

新・歴代最高のムレ軽減パンツ「Separatec」を1年間試してみました

平成29年(2017) 7月16日    , , , , , , , , ,

男性の夏を快適にする、蒸れないパンツ「別室収納・Separatec」をレビューしてみました。

着こなし

夏に相応しいスーツスタイルとは?

7月に入ると、東京では30度を超える日も出てきており、正直タイドアップには厳しい陽気です。そんなことは百も承知なのですが、諸事情でスーツを着なければならない事もあるのが日本のサラリーマンです。ということで、今回は敢えて、夏用に相応しいスーツとは何か、を考えてみます。

下着

強撚糸+ワキ汗対策が凄い「グンゼYG 清涼カットオフ」シャツ

グンゼのYGカットオフから、清涼タイプを謳う製品が発売されていたので、従来品との比較を交えつつ、レビューしてみます。

Copyright© サラリーマンのファッションを考える , 2018 All Rights Reserved.