下着

"裾がずれにくい" より "ムレない" が画期的 ワコールメン「すそピタ」 レビュー

投稿日:平成26年(2014) 8月16日  (更新:平成28年10月24日)

_MG_3173

先日の日経新聞WEB刊に、
女性下着大手のワコールが「裾がずれにくいボクサーパンツ」を発売した、
という記事が掲載されました。

 ワコールホールディングス(3591)傘下のワコールは、男性用ブランド「ワコールメン」から、動いても裾やウエストがずれにくいボクサーパンツ「ジャストフィットボクサー すそピタ」を発売した。
パンツの裾部分を折り返す仕様で肌との密着度を高め、体の動きに合わせて生地が伸び縮みしやすくした。(後略)

引用:日経QUICKニュース(2014)『日本経済新聞WEB刊』「裾がずれにくい男性用ボクサーパンツ ワコール」、日本経済新聞社、 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO75191590U4A800C1000000/

「裾がずれにくいパンツ」=「シャツの裾がずれにくいパンツ」と早合点し、
早速レビュー用にポチったのですが、ここで言う「裾」とはパンツの裾と判明したのは注文後。
意気消沈しながら履いたところ、別の方向で快適だったので記事でご紹介します。

 


 



1.フォトレビュー

_MG_3168

到着しました。

 

_MG_3170

今回はAmazonのマルイサイトから購入。3,500円+税+送料で、4,000円強でした。

 

_MG_3172

いわゆるお洒落パンツの価格帯(高価格帯)なので、
しっかりとした化粧箱に入っています。

 

_MG_3175

化粧箱を取り出したところ。

 

_MG_3176

裏の能書き。
やはりズレないのはパンツの裾で、シャツではありません^^;

 

_MG_3180

3,500円という金額は、グンゼよりは若干高め、
海外の有名下着ブランド(カルバンクライン、C-IN2など)と定価は同額くらいですね。
ただ、ワコールは定価販売が多いので、実勢価格は高めということになります。

 

_MG_3181

取り出してみました。

 

_MG_3182

外側を前から見たところです。
他の高価格帯おしゃれパンツと同様、
立体裁断、前開き無し、ウエスト部分のロゴという構成。

 

_MG_3183

後ろから見たところ。

 

_MG_3184

パンツを裏返しにしてみました。
冒頭に書いた「別の快適性」の正体がこのメッシュ部分。
着用の感想は次節で詳しく書きますが、全然ムレないんです。

 

_MG_3187

ウエスト部分。
触ってみるとゴムのようにピタッとしますが、こちらも不思議と蒸れません。
これが「ズレない」を実現しているのでしょう。

 

_MG_3200

安心の日本製。

 

_MG_3192

基本的には綿素材ですが、
全てのパーツにポリウレタン(スパンデックス)が少量ずつ使われています。
生地の高い伸張性は、これが理由でしょう。

 

 

 



2.着用感レビュー

綿を多く含むので、いったん洗濯して水を通した後に平日に、
さらに日にちをおいて休日に、それぞれ終日着用して使用感を確かめてみました。

 

デスクワーク+ビジネス用途に「裾がズレない」は不要?

たしかにパンツの裾とウエスト部分がピッタリくっついて、全体がずれにくいのですが、
よほど安い下着を着けて激しく運動しいない限り、
裾が動いて困るということはないのでは、とも思います。

とくに、デスクワーク主体の方にとっては、
本製品が主題として謳う「ズレない」そのもののメリットはあまりないようです。
また、もしずれたとしてもゆとりのあるビジネス用のズボンでは殆ど目立ちません。

一方、休日用のピッタリとしたズボンの場合には、ゴワゴワしないメリットはありそうです。
ただし、こちらも色展開にベージュやグレーがないので、
薄い色のズボンだと下着が透けてしまうと言う別の問題が出てくると思います。

 

「ムレない」はかなり優秀

「ズレない」の一方で、付加機能の扱いを受けている「ムレない」は、かなり快適でした。

フロントのメッシュ部分が、肌とパンツ生地との密着面を減らして通気性を確保してくれます。
また、「ズレない」機能によってパンツのウエストと裾が固定され、
歩いているときはフロント部分にだぶつきが生まれないため、通気性が保たれます。

これまでのお洒落パンツにおける「ムレない」機能の多くは、
生地全体に軟らかいメッシュや特殊素材が使われホールド性に欠けたり着心地が悪かったり、
または股間が袋状になっていて主張が激しかったりと、納得できる物が少なかったように思います。

その点、このワコールメン「すそピタ」は、
夏の蒸れやすい環境では、優秀な一着であると感じました。

 

 

3.後書きとおまけ

このパンツ、
カラーバリエーションにベージュを増やして、もう少し薄い素材に変更すれば、
春や秋の白デニム用としてかなり有望なのではと思います。

ズボンの下でパンツがズレない、ムレないというのは、
比較的ゆとりのあるビジネス用途のズボン(トラウザーズ)よりも、
カジュアル用途のピッタリとしたズボンで問題になることが多いからです。

ワコールの関係者の方が御覧になったら、ぜひご検討下さい。
あ、あと、ぜひシャツがズレない下着の開発もお願いします^^;

 

おまけ:シャツの裾ズレを防ぐ方法

私と同じ勘違いをしてこのページへ来た人向けに(そんな人居ない!?)、
現時点で、思いつく限りメモします。

  • すこし裾が長めのシャツを作り、固定する面積を広くとる
  • アンダーシャツも裾が長めでずれにくい物を着る
  • ブレイシーズ(サスペンダー)を使って、ズボンとシャツの間にゆとりをとる
  • ズボンがずり下がらないように、ジャストフィットでズボンを作る
  • 腰骨でしっかりとホールドできるものを買う/ベルトでしっかりと留める

-下着
-, , , ,

Copyright© サラリーマンのファッションを考える , 2019 All Rights Reserved.