サラリーマンのファッションを考える


ラージサイズのデリケートクリームを買ってみました

   

LINEで送る
Pocket

_MG_3216

皆さんおなじみのM.モゥブレイのデリケートクリーム。
実は、巨大なラージサイズがあるのをご存じですか?

使用頻度の高いデリケートクリームはすぐになくなってしまいますよね。
今回は詰め替え用にラージサイズを購入してみましたので、
どんなものなのかご紹介します。

 

 



そもそもデリケートクリームとは?

デリケートクリームは、
一言で言うとスムースレザー向けの、保革専用クリームです。

通常の乳化性クリームや革用クリームには、
光沢用のロウ分が多く含まれているのですが、
デリケートクリームは殆ど含まれていません。

そのため、保革専用として、
革へのダメージになるロウ層の蓄積を意識せず、
どんどん使える
メリットがあります。

靴の手入れの場合、前回の手入れから少し時間が経過しているもの、
乾燥気味に見えるもの、買ったばかりのものなど、
乳化性クリームの保革力以上にケアをしたい場合、よく使っています。

また、靴だけでなく、鞄やレザージャケットなど、
スムースレザーであれば、かなり幅広く使うことが出来ます。

 

 

デリケートクリームラージサイズ フォトレビュー

_MG_3207

こちらが届いた状態のデリケートクリーム。
Amazonで税込6.480円、送料無料でした。
結構しますが、通常のデリケートクリームが60mlで1000円なので、重量単価が安いのです。

 

_MG_3208

正面に簡単なシールが貼ってあるだけで、裏側には何も書かれていません。
業務用の化粧箱なのでしょうか……?

 

_MG_3211

箱の蓋を開けると、ちょうどのサイズでプラスチックの容器が入っています。

 

_MG_3212

こちらが本体。
蓋には「クリームが柔らかいので、蓋を斜めにして開けないでください」の文字が。
たしかにプルプルとした柔らかいクリームなので、傾けて開けたら大惨事です。

 

_MG_3235

通常サイズとの比較。
内容量は通常サイズが60ml、こちらが500mlなので、8倍以上です。

_MG_3220

内容量は8倍以上ですが、値段は6倍程度なので2個分お得。

 

_MG_3222

革靴に限らず、鞄やレザージャケットなどにも使えます。
むしろこのサイズは、
レザージャケットやソファー用に購入する方が多いかも知れません。

_MG_3224

注意書きはそのままラベルに印刷されていました。
主成分は化粧品などの保湿成分に使用されるラノリンと油脂。
ラノリンは羊毛由来なので、革と相性が良いのだと思います。

_MG_3227

眺めていても仕方が無いので、いよいよ開封。
と、しっかり内蓋がついていました。
これだけ密閉出来る仕様ならば、ある程度の保存もききそうです。

_MG_3228

内蓋をとるとこんな感じ。
トロトロです。
また、デリケートクリーム独特の良い匂いが漂います。

_MG_3231

さすがにラージサイズそのままでは使いづらいので、
空になった通常サイズのビンに入れ替えます。

_MG_3239

今回は使い捨てのレンゲを使いました。
# さじにこびりついて、移し替えた後の処理が面倒だったので、
# 次回からはへら状のものを使おうと思います。

_MG_3240

移し替えているところ。
ゼリーかヨーグルトをすくっているようにしか見えません……。

_MG_3241

移し替え完了。

 

これだけあれば、身の回りの革製品、
靴、鞄、財布、ソファー、時計のバンド等々にどんどん使え、
手入れが捗りそうです。

今お使いの、通常サイズのデリケートクリームが空になったら、
購入を検討してみるのも良いかも知れません。

 

それでは。

 - シューケアグッズのレビュー , , ,


▼「いいね!」をすると、新しい記事の更新通知を受け取ることが出来ます

  関連記事

コメントの投稿

1 コメント on "ラージサイズのデリケートクリームを買ってみました"

並び順:   最新 | 最古

デリケートクリームは本当に良いレザーメンテナンス用品なのか?-M.モゥブレィ-

なんとなく良さそうという理由だけで長い間使っていたM.モゥブレイのデリケートクリーム
ゼリー状のプルプルとした見た目、香り、靴に塗った後に感じる「なんか革に良さそう」。

wpDiscuz