サラリーマンのファッションを考える


SEEKの半額! グンゼYGのカットオフ下着を試してみました

     (更新:平成28年5月24日)

LINEで送る
Pocket

_MG_3686

前回、ユニクロの透けない下着「エアリズムシームレス」をご紹介したところ、「SEEKは高いのでこちらで我慢します」の声を、コメントやダイレクトメッセージで複数戴きました。

SEEKとエアリズムシームレスの価格差は約2倍(セール時は約3倍)。確かにこの価格差ではユニクロに流れてしまいますが、やはり化繊100%というのはイヤという方も多いはず。

そこで、調べて見たところ、SEEKの製造元であるグンゼの別ブランド「YG」から今年3月、SEEKと似た様な製品が、SEEKの半額で発売されているのを見つけました。

早速2種類購入し、レビューしてみましたので、ご紹介します。

 



1.製品概要

① YG CUT OFF Vネック

  • 製品名:YG CUT OFF VネックTシャツ
  • 製品番号:YV0415
  • メーカー:グンゼ
  • 材質:綿90%、ポリウレタン10%
  • 色:ヌードベージュ
  • 生産国:日本
  • 購入価格:\1,605(税込)
  • リンク:公式Amazon.co.jp
    (※H28.5.24追記:一時的に品切れになっているようです。Uネックはまだ在庫があるようです)

② YG CUT OFF Vネック短袖

  • 製品名:YG CUT OFF VネックTシャツ(短袖)
  • 製品番号:YV014P
  • メーカー:グンゼ
  • 材質:綿55%、ポリエステル30%、ポリウレタン10%
  • 色:クリアーベージュ
  • 生産国:日本
  • 購入価格:\1,620(税込)
  • リンク:公式Amazon.co.jp

両者似ているようですが、下線の通り、素材や袖の長さが異なります。

いずれもAmazonから購入しました。5月12日から25日まではクーポンコード「2016MAYOFF」で15%OFFで購入出来るようです<詳細>。(もう少し待ってから買えばよかったと少し後悔……)

 

2.フォトレビュー

① YG CUT OFF Vネック

_MG_3675

パッケージです。

 

_MG_3678

なんと、表面でカットオフの主張をしているのはここだけです。SEEKに遠慮しているのでしょうか……?

 

_MG_3703

取り出してみました。ヌードベージュという色を買ってみましたが、少しピンクがかった色です。

 

_MG_3708

しっかりカットオフになっています。

 

_MG_3710

綿90%と、SEEKのスタンダードライン(綿35%、キュプラ25%、ポリエステル25%、ポリウレタン15%)よりも天然繊維多めです。普通のSEEKより高価なプレミアムラインと同じ配合とは……。

「YG」ブランド自体がコットンを前面に打ち出しているからでしょうか。

 

_MG_3724

ボディに着せてみました。

 

_MG_3725

2つめまでボタンを外してもインナーが見えることはありません。

 

_MG_3726

白いシャツでも、殆ど透けてみえません。

② YG CUT OFF Vネック短袖

続いて短袖の方を。

_MG_3683

こちらのパッケージは箱形です。

 

_MG_3686

①とは異なり、カットオフを前面に打ち出しています。ただ、SEEKの様に「透けない」という謳い文句ではありません……。

 

_MG_3688

と思ったら、ちゃんと裏側には透けないことが売りとして書いてありました(①も確認したら同様でした)。表側に堂々と書けないのは、メインストリームに対する社内的な配慮があるのでしょうか^^;

 

_MG_3712

取り出したところ。

 

_MG_3713

こちらも綺麗なカットオフ。

 

_MG_3719

素材は綿55%、ポリエステル30%、ポリウレタン10%です。

SEEKのスタンダードラインが綿35%、キュプラ25%、ポリエステル25%、ポリウレタン15%ですが、綿の再生繊維であるキュプラを綿と捉えると、殆ど同じ配合です。

 

_MG_3728

こちらもボディに着せてみました。

 

_MG_3731

_MG_3733

おなじく、第2ボタンまで見えることは無く、透けも感じられません。

特徴的な短袖

_MG_3734

製品名通り、こちらはかなり袖が短いのが特徴。

 

_MG_3735

袖の短いポロシャツでも……

 

_MG_3740

インナーが中から見えるなんてことはありません。

 

_MG_3742

①の場合はこちら。着た当初は大丈夫でも、動いている内に出てきたりしますよね。(特に、化繊で伸びやすい、最初のエアリズムにそんなことが多かった記憶があります。)

 



3.SEEKとの製品比較

続いて、SEEKとどの様に違うのかを項目別に見ていきます。

A) 素材

前項でも言及しましたが、①の方はSEEKのプレミアムラインと同じ素材表記で、②の方はスタンダードラインとほぼ同じでした。

そこで、違いを詳しく知るため、グンゼのサポートセンターにどう違うのか確認したところ「同じ配合でも、SEEKの方がより高価な素材を使用し、高品質な織り方をしている」との事でした。

 

_MG_3720

上が②のYG、下がSEEKのスタンダードラインです。

見た目はあまり変わらないのですが、触り心地はSEEKの方が良い気がします。ただし、あくまで言われてみないと気づかない程度です。

B) 縫製

_MG_3709

上が①のYG、下がSEEKのスタンダードラインです。肩の縫い目は全く同じに見えます。(恐らく同じ機械を使っているのでは無いでしょうか……。)

 

_MG_3722

YGはSEEKとおなじく、脇の部分も縫い目がなく裾もカットオフ仕様です。(なお、YGと同価格帯のエアリズムシームレスは脇の縫い目あり、裾も縫い目ありです。)

 

_MG_3304

_MG_3719

上がSEEKのタグ、下がYGのタグです。ここは、擦れたり蒸れたりしにくいよう、プリントされているSEEKの方が上手(うわて)ですね。

C) ラインナップ

YGは製品によって、肌色が1種類のものと、SEEKと同様に2種類のものが有ります。

サイズ

こちらも似た様な感じで、YGは基本M、L、LLの3種類、SEEKは3ないし4種類(Sが入る)です。

種類展開

YGはカットオフだけのブランドではないので、カットオフの種類だけ見るとさすがにSEEKより少ないのは確かです。

 

4.SEEKとの使用感比較

SEEKスタンダードラインやプレミアムライン(こちらは未レビュー)との比較です。

A) 透け

ほぼ違いはありません。カットオフの部分の品質も変わらず、またYG、SEEKともに肌の色に合わせて2種類の肌色を用意していることもあり、色素が薄い方、濃い方両方に対応できます。

B)肌触り

綿っぽい肌触りでは、YGの①とSEEKプレミアムラインは似た様な感触です。

ただ、YGの②とSEEKスタンダードラインでは、キュプラを使っているSEEKの方が、若干肌触りがすべすべしているように思います。

 

5.まとめ

_MG_3679

店頭やサポートセンターでの質問、自分なりの感想を総合すると、

  • 百貨店向けの高級ラインで、最高品質の「SEEK」
  • 量販店/通販向けの普及ラインだが、品質はSEEKに肉薄する「YG CUT OFF」

という位置づけが見えてきました。

SEEKとYGとの価格差は倍もありますが、正直素材や縫製にそんな差があるようには見えませんでした。(まぁ、往々にして「百貨店向け製品」との比較はそんな物かも知れませんが……。)

SEEK、YG、エアリズムシームレス、それぞれの棲み分け

私を含む、殆どの方はエアリズムシームレスとSEEKだったら着ていて区別がつきますが、SEEKとYG CUT OFFは区別がつかないと思います。

従って、

  • 最上級か欲しい、カットオフ下着で様々な種類を試したい → SEEK
  • ある程度高品質であれば良い、綿の肌触りで透けない下着が欲しい → YG CUT OFF
  • 汗を良くかく、化繊のさらさら感が好き → エアリズムシームレス

という「買い分け」になるのかと思います。

YGのカットオフは買いか

もちろん、個人的にはYG CUT OFFは買いの製品です。

グンゼの技術力を最大限注入され高品質であるものの、雑誌や百貨店での宣伝に力を入れ高級路線で販売しているSEEKは、やはり価格的にほいほいと買いづらい面があります。

一方、下着はケアをしてエージングというより、綺麗さが求められるものです。そのため、頻繁に買い換えられる価格である必要があります。

デザインや縫製、素材などの特徴がSEEKと酷似するYG CUT OFFは、SEEKで培われた技術が転用されているのは明らかで、コスパは最高だと考えます。

SEEKとの差別化のため、YG CUT OFFを価格相応なSEEKのモンキーモデルにしなかったグンゼに感謝します……。

ちなみに、エアリズムシームレスとYGカットオフは発売時期がほぼおなじです(プレスリリースの日付は前者が今年2月16日、後者が2月26日でした)。偶然競り合っているように見えるのかも知れませんが、中の人たちが互いを意識しているのは間違いないのではないでしょうか。今後も切磋琢磨してほしいものです。

リンク

① YG CUT OFF Vネック

② YG CUT OFF Vネック短袖

 

お詫び
前回のエントリーで、YGとSEEKのプレミアムラインレビューをすると告知しましたが、混ぜてしまうと話がごちゃごちゃになってしまうので、需要がありそうなYGのみに絞りました。SEEKプレミアムラインについては、別途日を改めてレビューしようと思います。

 - 下着 , , , , , , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼「いいね!」をすると、新しい記事の更新通知を受け取ることが出来ます

  関連記事

コメントの投稿

10 コメント on "SEEKの半額! グンゼYGのカットオフ下着を試してみました"

並び順:   最新 | 最古

私も去年まで夏場の下着はSEEKとエアリズムでしたが、今はYGです。
透けないのはいいのですが、カットオフ製品はやはり耐久性に劣ります。首回り、伸びます。
SEEKの価格を考えると、4・5枚まとめ買いして消耗品としてガンガン使う、というのがちょっと難しいですね。

グンゼのネット通販でYGを見つけて試して以来、「全く遜色なし!絶対こっちが買い!!」というのが結論です。
個人的に、着心地もSEEKよりいい気が…(SEEKは動き回ると着ているうちに裾がクルクル巻き込まれて、スラックスのベルトより上に来てしまい、シャツの上からスラックスの中に再び押し込むのが面倒くさかったことがあります。原因はよくわかりませんが…。)

あとは、肌色の下着で綿100%というのが見当たらないので、どこかのメーカーで作ってほしい、と思っています。(個人的に化繊があまり好きでないので)

はじめまして、いつも拝見させていただいてます。
以前からSEEKが気になっていたのですが、値段もあって中々手が出せずにいました。
YGは所有しているのですが、個人的にはアームホールが小さくぴっちりになってしまいます。
既にご存知でしたら恐縮ですが、グンゼは色々とコラボしていて、イトーヨーカドーとのコラボでかなり安くカットオフが手に入ります。着心地はYGよりも良いですが生地が気持ち安く感じます。
個人的には伊勢丹とコラボでペネというブランドで出しているカットオフが少しゆったり目で着心地も良いです。値段も2,000円程でお勧めです。

更新お疲れ様です
これからの季節の需要ど真ん中な記事ですね
以前ランズエンドの記事にコメントをしたものですが、確かに管理人さんの言う通り楽替が大きなメリットなので、アメリカ版を試す意味が薄いですね。忘れてください。

私は天然素材派なのでYGをよく着るんですが、カットオフが出てるのは知りませんでした。コメントにある耐久性が気になりますけど、透けないのは大事ですね。

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
この記事とは直接関係ないのですが、SEEKといえば最近上部がキュプラで出来ていてトラウザースがまとわりつきにくいホーズを発売していますが、もうお試しになられましたか?
僕はハリソン一辺倒なので使ったことがないのですが、キュプラ製のホーズとは珍しいと思って試用を提案しに来ました(無責任ですみません(笑))
もし良かったら、取り上げてみて下さい

レヴューについてどうのこうの、はないのですが
そもそも、スーツを着るようになってから
一度もインナーのシャツを着たことがありません。
理由はYシャツの下にインナーを着ていると
「気持ちが悪い」「インナーが透ける」です。

このグンゼ商品で「透ける」は多少なりとも
解消できるのでしょうが
「気持ちが悪い」は解消できません。
Yシャツの下でインナーがモゴモゴしている感じが
とても嫌です。

Yシャツが肌に直接触れて、汚れも激しく、痛みも早い、と
いいところは殆どありませんが、それでもインナーは
着ることは、今後もないでしょう。

「透ける」事が気になる方ばかりなのでしょうか?

普段のカジュアルでは、シャツの下にヘインズのブルーを
着ていますが、スーツの場合は当面あり得ません。

wpDiscuz