サラリーマンのファッションを考える


高クオリティ/低コストの日本製ロングホーズ「ハリソン(HALISON)」

   

LINEで送る
Pocket

_MG_9445

前回の記事「スーツスタイルで気をつけたい「靴下7つのNG」」で少し採り上げたハリソンのロングホーズ(ハイソックスよりも長めの靴下のこと)。4年前に数足買ったものをかなりヘビーローテーションしていたのですが、耐久性が高く追加では購入していませんでした。

ただ、それでもほつれやすり減りが目立ってきたので、さらに向こう4~5年分ということで購入してみましたので、再レビューしたいと思います。

靴下の有名どころであるパンセレラ(英)やソッツィ(伊)などと併用していましたが、それらの半分~1/3位の値段なのに、見た目やクォリティは殆ど変わらないという驚異的なコストパフォーマンスに改めて圧倒されました。

 



1.購入品情報

4年前はおためし的に数種類を1~2足ずつ購入したのですが、今回は前回購入品の中で一番良かった「エジプト綿 ワイドリブ ロングホーズ」の紺黒灰の3色を数足、また茶色も1足買いました。

基礎情報

メーカー:ハリソン(日本、兵庫)
商品名:エジプト綿 ワイドリブ ロングホーズソックス (リンク:Amazon)
価格:S~M \1,200(税抜)、L \1,300(税抜)
サイズ展開:3種類(S:23~24cm、M:25~26cm、L:27~28cm)※
色展開:5種類(ライトブラウン、ブラウン、チャコール、ネイビー、ブラック)

※ メーカーに確認したところ、中間サイズ(24.5、26.5cmなど)は小さい方(たとえば24.5→23~24cm)に倒すとよいとのことでした。

 

2.フォトレビュー

_MG_9460

今回はライトブラウン以外全色購入しました。左からネイビー(紺)、ブラウン(茶)、チャコール(灰)、ブラック(黒)です。

 

_MG_9437

スーツは紺色が多いため、紺色を一週間分購入しました。茶靴とも合うのでお薦めです。

天下のパンセレラもソッツィもとても綺麗で履き心地も良いのですが、「靴を脱いで家に上がる」という文化が無い国の靴下だけあって、薄手すぎるのです。靴を脱ぐシーンがある時は、いつもハリソンを選んでいます。

 

_MG_9447

しなやかで光沢のある超長綿の代表格「エジプト綿」を使用。残念ながら綿100%ではなくナイロンが少し混紡されています。ただし、同じハリソンの綿100%を並行して履いてきましたが、履き心地は綿100%とほとんど変わりませんし、耐久性はこちらの方が間違いなく上でした。

 

_MG_9464

履き心地が左右されるトゥの部分。平置きだとふくれて不格好に見えますが、これは立体裁断されているため。足が入るとピッタリと吸い付くようになります。

 

_MG_9463

踵の部分もおなじく立体的に裁断/縫製されています。また、この部分はかなり耐久性があり、革靴をガシガシ履いてもすり減りにくいです。

 

_MG_9466

ロングホーズだけあって、かなり長いです。この写真からはわかりにくいかも知れませんが、筒の部分の上半分と下半分とでは編み方が異なっています。これは、足の形状にあわせて圧着力を変えているためで、これがハリソンロングホーズの履きやすさとずり下がりにくさを実現しています。

 

_MG_9483

実際に履いてみました。いかがでしょうか。ワイドリブがかなり綺麗に出ていますよね。

 

 



3.履き心地、耐久性、総評

ハリソンは私の中では大定番の存在です。もちろん、少しきつめの靴や、靴を脱ぐ可能性の無いときはパンセレラを履くパターンもありますが、少なくとも春夏用の綿の靴下は半分以上がこれになっています。

履き心地

最初のうちは少し「シャリシャリ」したざらつき感じがあります。また、若干締め付けが強いかな? と感じることがあります。しかし、2~3回履くとざらつきは一切無くなり、肌に良くなじむようになり、締め付けも丁度良くなってきます。(購入後に一回水を通すと、履き心地が良くなると思います)

耐久性

かなり高いです。繰り返し洗濯しても脱色や痛みが少なく、見た目の綺麗さを保ち続けることには驚かされます。

_MG_9495_MG_9497

それでも、4年履き続けるとこんな感じになります。ここまできたら取り替え時です。

総評

満足しているので買い足したわけですが、改めて書き出してみると、このクオリティでこの値段は正直破格です(と言っても値上げしないでくださいね^^;)。大手セレクトショップにロングホーズをOEM提供している靴下製造元のプライベートブランドだけあります。

強いて欠点と言えば、余り有名でなく、扱っている店も少ないと言う事くらいでしょうか。職場でファッション好きの友人に訊いても、知らないか、名前は聞いたことがある、位でした。もう少し有名になっても良いと思うのですが、OEM提供先を喰ってしまうからダメなんですかね……。

まだ履いたことの無い方は、是非お試しください。

 - 靴下 , , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼「いいね!」をすると、新しい記事の更新通知を受け取ることが出来ます

  関連記事

コメントの投稿

8 コメント on "高クオリティ/低コストの日本製ロングホーズ「ハリソン(HALISON)」"

並び順:   最新 | 最古

ハリソンの靴下、コスパ最高ですよね。
で、ふと気づいたことがあるのでちょっと問題提起をさせてください。

私は革靴を買うとき自分に合うサイズが少なくてすごく苦労します。
いわゆる「幅広甲高」と言われている日本人の多数派(かどうか今や相当怪しいそうですが)の足と真逆で、「超幅狭甲低」なので、量産される工業製品ではカバーできないサイズなのです。
で、ハリソンの靴下はS・M・Lとサイズ展開しているものはいいのですが、綿100%になるとサイズが1種類(M相当)しかないものが多く、「Mも履けないことはないけれどLサイズが一番」というサイズの自分にはちょっとだけ不満が残ります。
紳士服売り場でも27センチぐらいの靴下は「大きなサイズ」のコーナーにありますが、27センチって、そんなに大きいですかね?
自分より足のでかい人なんて山ほど見てきましたので、これって、紳士服を買い求める層として、年配者が圧倒的に多いからそっちに合わせて作られており、実は我々の世代のかなり多くの人が、サイズがなくて困っているのではないか、と思っています。(靴下はまだ伸びるのでごまかしがききますが、靴は本当に苦労します…。)

先日ついに手を出してしまった、ハリソンのロングホーズ。
綿100% ミドルゲージ、エジプト綿 ワイドリブをそれぞれ2本ずつ購入し、履き比べてみました。
履いてみた第一印象。超長綿100%のドレスシャツとかと同じで、「戻れなくなる」タイプの製品でした。
それぞれの印象としては、個人的には、エジプト綿の方は薄すぎる気が。。。
もっとも、ドレス性(いわゆる「品」?)を重んじるのであれば、選択肢はこちらなのでしょう。
また、私服時も使いたい、スネ毛が濃い目、自身の足がおそらく幅狭め(特に左、25cm・D相当と言われた…)で靴との相性などの理由から、
ミドルゲージでもちょっと薄いかな、と感じました。
とは言え、今後は、このミドルゲージを軸に徐々に手持ちを買い換えていくでしょう。

あとは、つま先・踵・履き口の「寿命」が短くないことを期待してます。。。

⊂ミ⊃^ω^ )⊃ アウアウ!!

わいはウール100%の10731-c
コットン100%は15700-cを3足使っているけど
革靴の中でいつも足がサラサラなのはウールだなぁ
コットンは乾きにくいようだ

また、ウールはふかふかしているしね
つぎかうときはウール一択だな(´・ω・`)

いつも、参考にさせて頂いております。私の足は28.5㎝幅も5Eで日本人としてはかなり大きく靴下選びに非常に苦戦しております。 このサイズとなるとやはり海外製品を購入するしかないでしょうか? 私もハリソン履いてみたい…

wpDiscuz