サラリーマンのファッションを考える


超音波洗浄機で腕時計の手入れをしてみました

     (更新:平成28年1月18日)

LINEで送る
Pocket

_MG_2092

先日引き出しを掃除していたら、懐かしいものが出てきました。
すっかり無くしていたと思っていた、学生時代に使っていた腕時計です。

運良く壊れておらず、久しぶりに使おうと思ったのですが、
改めて見ると、バンド(ベルト)やケースが汚れ、さらに傷が無数にありました。
ということで、今回と次回の2回に分けて、この時計の手入れをしてみようと思います。

前半の今回は、超音波洗浄機による洗浄に挑戦し、
金属バンドの隙間に入り込んだ汚れを取ってみます。

 

 

 



1.状況の確認

_MG_2076

今回の対象がこちら。カシオの初代オシアナス「OCW-500」です。

今から10年くらい前の製品です。フルメタルのクロノグラフ時計としては、
太陽光発電、電波時計の2つを世界で初めて搭載した――らしいです^^;
(cf. http://oceanus.casio.jp/concept/#first

当時先進の技術をがんばって詰め込んだ感があり、
今のオシアナスに比べ1.5倍くらいある厚みが特徴です。
スーツ用というよりは、スポーティなジャケパンに適していると思います。

_MG_2095

こちらがバンドのバックルですが、結構傷だらけなのが分かります。

 

_MG_2099

ケースも傷だらけ。

 

_MG_2096

バックルの裏には垢やらホコリやらが……汚い(^^;)

 

 

2.超音波洗浄機を調達する

ということで、まずはコイツを綺麗に掃除した後で、磨いていこうと思います。
普通の掃除なら、爪楊枝やら柔らかい歯ブラシやらで、ちまちまやるわけですが、
今回は文明の利器に頼ろうと思います。そこで登場するのが、超音波洗浄機です。

超音波洗浄器とは、眼鏡屋の店頭にある「チーン」という音のするアレです。
今回調達したのは東芝の「TKS-210」。Amazonで5千円くらいでした。
もう少し小型の洗浄機も有るのですが、眼鏡も洗浄できるこのタイプを選びました。

_MG_1434

到着したばかりのTKS-210

 

_MG_1438

選んだ理由の一つに、本体と洗浄容器が分離可能という点があります。
これにより、いちいち使用場所まで水を運ばなくて良くなりますし、
洗浄容器を使用後に台所でザブザブ丸洗いできます。

 

_MG_1440

蓋を開けると、巨大な緩衝材が出てきました。

 

_MG_1442

取り出したこちらが本体です

 

_MG_1444_MG_1445_MG_1446

本体の中に、洗浄用の補助器具が入っていました。
左上から時計回りに、CD洗浄用の固定装置と2枚同時洗浄時に利用するアダプタ、
アクセサリ用の洗浄皿、時計用の洗浄台です。

 

_MG_1448

左から洗浄容器、本体、フタです。

 

_MG_1450

洗浄容器の裏にはゴム足がついていて、
流し台の上で使っても滑らないよう配慮してあります。さすが日本製……

 

 



3.バンドとケースを分離する

超音波洗浄器は、水中の衝撃波で汚れを落とす仕組み。
内部の機構に悪影響が出るため、バンドは洗浄できても、
時計のケース(時計本体)を直接洗浄することは出来ません

先ほどご紹介したアーチ状の時計用洗浄台を使って、
ケースを水部分から露出させて洗浄しても良いのですが、
今回はバンドとケースを分離してから、バンドのみ洗浄してみます。

_MG_2101

使うのはこちらの時計修理セット
主に、バンドの交換や、金属バンドのパーツ(コマ)の調整に利用しています。
Amazonで3千円弱でした。一つ持っておくと便利だと思います。

今回使うのは、このセット中のハンマーとピン出し用工具の2つだけ。

 

_MG_2103

簡単に分離できました。
(右からハンマー、ピン出し用工具、抜いたピン×2、ケース、バンド)

 

4.実際に洗浄してみる

_MG_2106

水と食器用洗剤(中性洗剤)を洗浄容器入れ、
金属バンドをアクセサリー用洗浄皿にのせたうえで、これに沈めます。

 

_MG_2107

本体に装着し、タイマーをセットしてスタート

 

_MG_2109

_MG_2111

チーンと言う独特な音と共に、
バンドのコマとコマの隙間から、みるみる大量の汚れが掻き出されてきます。
凄い。

 

 

5.結果

_MG_2116

4分ほどで洗浄は終わり、水洗いした物がこちら。
なんか輝きが違う……

 

_MG_2117

完全に綺麗になっています。
ここまで綺麗に落ちるとは思いませんでした。

 

_MG_2120

凄くスッキリし、清潔感が出てきました。

 

_MG_2119

当然ですが、擦り傷は取ることが出来ません。
次回はこちらを何とかしたいと思います。

 

この超音波洗浄、思ったよりも短時間にでき、
使うのは少量の食器用洗剤と水だけですから、コスパも高いです。
時計の金属バンドだけでなく、タイバーやカフリンクスなんかにも良いかも知れません。

 


皆さんは、腕時計は金属バンド派ですか? 革バンド派ですか?
私の場合、夏場は汗をかくため金属バンドをすることが多いのですが、
スーツや革靴との親和性から考えると、革バンドの方に軍配が上がりますよね。

革バンドの場合は、靴の色や材質にあわせて取り替える場合が多いのですが、
黒、茶、焦げ茶、薄茶、茶スエード、黒スエード……と、
どんどんとラインナップが増えていくのが困りものです(^^;

 - 腕時計 , , , ,


▼「いいね!」をすると、新しい記事の更新通知を受け取ることが出来ます

  関連記事

コメントの投稿

1 コメント on "超音波洗浄機で腕時計の手入れをしてみました"

並び順:   最新 | 最古
腕時計の匂いが気になる人必見!すぐ実践できる簡単な手入れの仕方! | Fashion

[…] 超音波洗浄機で腕時計の手入れをしてみました | サラリーマンのファッションを考える […]

wpDiscuz