靴底

もっと早くやれば良かった! 革靴に優しい自転車ペダルへの交換

投稿日:平成29年(2017) 11月12日

_MG_4526

みなさんは、革靴を履いて自転車に乗ることはありますか?

今回は、そんなシーンで活躍する、自転車のペダルに注目。 革靴でも靴底を傷つけず、滑らず、乗りやすいペダルへの交換をしてみましたので、ご紹介します。



1.「革靴+標準のペダル」ではNGなわけ

駅まで遠い、交通機関が無い、職場の拠点間移動に使う、健康のため……等々、皆様もスーツで――つまり革靴を履いて自転車に乗ることがあるかと思います。

また、都市部(特に東京都区部)は駐車スペースがなく、自転車移動が楽だったりします。

そんなときに気をつけたいのが、自転車のペダルです。

問題1:靴底を傷つける

_MG_4531

デザインをスポーティにしようと、特にスポーツ専用でも無いのに、ペダルが金属製のギザギザになっている事があります。

泥まみれのトレッキングシューズだったら有効かも知れませんが、これを革靴で踏むと靴底がかなり傷み、見た目にも目立ちます。

 

_MG_4659
▲ この有様

注意点2:靴が滑る

前述の金属ペダルはもちろん、一般的な樹脂製のペダルも、革靴でこぐと、とても滑ります。

力を入れて踏んだ時、靴が滑ってペダルから外れたり、その弾みでアッパーにキズをつけそうになったり等、私も経験があります^^;

単純に危ないですし、靴を傷つける原因にもなるわけです。

 

2.交換用ペダルを購入

ということで、革靴でも滑りにくいペダルを購入し、交換してみることにしました。

 

_MG_4525

今回購入したのは、WellgoのLU-T11というアルミ製のペダル。 Amazonで一組2,000円前後で購入しました。

 

_MG_4527

特徴はなんといっても、ペダルに貼り付けられたゴムです。

これで、靴底をしっかりとグリップしてくれる……はず。

 

_MG_4528

台湾製で、多少安心です。

 



3.ペダルを実際に交換してみる

私は特に自転車が趣味というわけではないため、詳しい友人に聞いたり、実際に交換している動画等を見ながらやってみました。

一言で言うととても簡単で、ちゃんとした道具があればすぐに出来ると思います。(とはいえ、自分で試すときは自己責任で。自信が無いときは自転車屋に頼みましょう……。)

順を追ってご紹介します。

1)道具を揃える

image

今回、こんな道具を使いました。

① レンチ

ペダルを外したり、はめたりに使用します。自転車のペダルに利用するのは、15mmが主流のようです。

当初、自転車のメンテ用に持っていた①’の小さめのレンチを使用しましたが、ネジが固着していて、上手く外れませんでした。

そのため、①のペダル専用のレンチを購入しました。Amazonで1,000円程度でした。

② グリス

ネジが固着しないために、またネジをスムーズにはめられるよう、グリースを塗る必要があるため購入しました。安心のシマノ デュラエースグリスで、こちらも1,000円程度でした。

KURE-556やシリコンスプレー、KUREチェーンルブなどは持っていたのですが、友人曰くグリースの方が良い、というアドバイスでした。

ペダル交換にしか使わないのはもったいなく、ベアリングを使用している部分へのメンテナンスのほか、腕時計の金属バックルのきしみにも使えるようで、改めて試してみようと思います。

③ ペダル

先ほど購入したペダルです。

2)既存のペダルを外す

まずは、もともとついていたペダルを外してみます。

_MG_4632

ペダルレンチを使って、右側のペダルを外します。

自転車後方に取っ手が来るようレンチを装着し、取っ手を地面に向けて押します。

このとき、勢いよくやり過ぎると、レンチを握った手で、チェーンや自転車本体を殴って怪我をするので注意します^^;

 

_MG_4636

_MG_4633

外れました。

続いて左側も同様に外します。このとき、左側は逆さネジなので、右側と同じ向きでの装着――「自転車後方に取っ手が来るようレンチを装着し、取っ手を地面に向けて押す」でOKです。

最後に、ティッシュでクランクのペダル穴を拭き取っておきます(古いグリスを拭う)。

ここまで、所要時間5分程度でした。

3)新しいペダルを装着する

続いて、新しいペダルを装着してみます。

_MG_4641

ペダルには左右があります。大抵、ネジの部分に記載があるようですので確認します。

このペダルはR、つまり右側用であることがわかります。

 

_MG_4643

固着を防ぐため、またスムーズに挿入・かみ合わせるために、グリスを塗布します。

そして、最初のうちは手で、硬くなってきたら先ほど使ったペダルレンチを逆回転させ、締め上げます。

 

_MG_4652

完成したのがこちら。結構モダンな感じで綺麗ですね。

初めての経験でしたが、所要時間は取り外しから完了まで、左右で15分程度でした。

 

_MG_4646

なお、先述したように、取り外した直後のネジ穴や、グリスがはみ出した部分は、しっかりティッシュで拭きます。

こんな感じでかなりの油汚れが出ているため、放置するとトラウザーズ(ズボン)を汚す原因になるからです(この汚れ、クリーニングでもなかなか落ちません……)。

 

4.交換してみての感想、乗り心地

○ しっかりとグリップされる

交換後初乗車の数分は、今までと違う感覚に戸惑いました(そのため、出勤時にぶっつけ本番では無く、交換後少し乗ってみると良いです)。

しかし、慣れるとそのしっかりとグリップされる感覚に、とても満足出来ます。

特に、足のどの部分で押しても、ペダルがグリップ出来るのはとても快適です。

○ 当然、キズはつかない

ペダルと靴底の間は全てゴムのため、当然キズはつきませんでした。

「今の踏み込み、傷ついてるよなぁ」などと思いながら乗らなくても良いので、精神的に楽になります^^;

X アウトドアには向かないかも

泥が少しついたゴム底のスニーカーで乗ったとき、これまでのアルミ製に比べてすこし滑る感覚がありました。

そのため、アウトドア用途には向かないかも知れません。 あくまで、街乗り用、通勤用だと思います。

? 耐久性は……

ゴム部品が使われているので、耐久性(摩耗と劣化)は避けられないのでは? と考えています。

とはいえ、一組2,000円という安さを考えると、2~3年に1回は交換しても良いくらいです(もっと持つと思いますが)。

総評:買い

ペダルがしっかりグリップされ、安全に走行できること。そして、靴底が傷みにくくなることから、もっと早く交換しておけば……と思いました。

特に、おろしたての靴で自転車に乗り(乗るなよ……^^;)、次の靴磨きで、傷ついたソールを見た時の落胆は何度も経験しましたが、これさえ有れば防げていたのか……と、今更ながら悔しい思いです。

安全面からも、見た目からも、革靴向きペダルへの交換は、是非オススメしたいです。

また「こっちの方が革靴に向いているよ」というペダルがありましたら、是非ご紹介下さい。

 

5.(おまけ)自転車とスーツ、その他の対策

そのほか、スーツを着て自転車を乗る場合のTIPSをご紹介します。

1)服装への対策:裾バンドを使って、裾汚れを防ぐ

スーツを着て、長時間自転車に乗る場合、裾バンド必須です。

特に、チェーンがむき出しのタイプは、これが無いとトラウザーズの裾が、機械油で真っ黒になります。

2)自転車への対策:自転車パーツ(チェーンケースや泥よけ)で汚れを防ぐ

スポーツタイプの自転車の場合、チェーンやチェーンホイールにケース(カバー)がついていないことがあります。

これらが直接服に接触しないよう、できればケースをつけたいところです(見た目が格好悪くなる場合があるため、躊躇しがちですが……)。

また、同じくついていないことがあるのが、泥よけ。水たまりを走ったとき、泥水を跳ね上げることを防いでくれます。 泥よけも、スーツのことを考えるとあった方がよいでしょう。

3)自転車への対策:こまめな掃除で汚れを防ぐ

かなり基本的な事ですが……。

自転車は、駐車時のチリや排ガス、汚れた機械油など、服を汚す原因が沢山ついています。

安全のためにもメンテナンスは必要ですが、服を汚さないためにも、しっかりとし清掃が必要です。

機械油を取り去れない部分は、前項のようにケースで保護しますが、それ以外はきちんと拭いておきます(特に、冬場にコートを着たときには重要……)。

個人的には、シリコン剤入りのブリヂストンポリッシュ100を使って磨くと、汚れがつきにくくなるのでオススメです。

 

スーツと自転車。長時間の乗車は、トラウザーズの股部分を傷めたり、シワが入ったりと向かないかも知れません。

しかし、短時間であれば、少しの対策で快適に乗れるようになると思いますので、是非試してみて下さい。

また、こんな対策をしている、という意見/情報がありましたら、コメント欄よりぜひお寄せ下さい。

 

追伸:
来週は出張のため、お休みします……。

 

 



リンク

 

-靴底
-, , , , , , , ,

Copyright© サラリーマンのファッションを考える , 2017 All Rights Reserved.