サラリーマンのファッションを考える


ネクタイピンの種類、意義、使い方などを考える【後編】

   

LINEで送る
Pocket

_MG_0062

前編では、ネクタイピンについて、定義や種類の違い、そして必要性について取り上げました。

今回は、もう少し実用寄りの、使い方や選び方について考えます。また、最後に前後編を通してまとめてみました。



1.ネクタイピンの最適な位置は?

おすすめは自然にノットが持ち上がる位置

ネクタイピン(ここではタイクリップを想定します)をする大きな目的の一つに、ネクタイのノット(結び目)を適度かつ自然に持ち上げる、というものがあります。

そのため、留める位置が下過ぎるとタイが途中でゆがみ(かつ間抜けに見え)ますし、上すぎてもペチャンコになってしまいます。

_MG_0048

タイの厚さや芯地のコシにもよりますが、おおまかに中間くらいか、中間より少し上ぐらいが丁度良いと思います。

また、ビジネス用途には余り目立たない方が良いと思いますので、個人的なオススメとしては、ジャケットに少し隠れる位が控えめが好きです。

極端に上で止めるやり方もあるが……

_MG_0080

写真のような、極端に上で留める方法を、雑誌などで見たことが有るかも知れません。

ただ、タイクリップが悪目立ちしてしまい、ビジネス用途には不向きだと感じます。また、パーティ等の用途であっても、私の感覚からすると不自然さが拭えません……。

どうしてもこの位置で目立たせるのならば、まだタイタック(前回の記事参照)の方が、向いているのでは無いでしょうか。

 

2.敢えてネクタイピンを見せない留め方

前回の記事で、ネクタイピンの目的は以下の3つがあるのではと考察しました。

  1. 見た目のため①:タイにボリュームを持たせる
  2. 見た目のため②:アクセサリーとして
  3. 実用のため:タイを固定する

夏場に軽めの装いをしたいとき(例えば、麻のシャツ/タイ/ジャケットのセットなど)、ネクタイピンのアクセサリーとしての装飾性が要らない時があります。

つまり、上記で言う1と3だけ欲しく、2は不要というケースの留め方をご紹介します。

シャツ、タイループ、小剣を挟む

_MG_0066

やり方は簡単。通常は、外側から大剣、小剣、シャツを挟みますが、大剣の代わりにタイループ(小剣通し)を挟むだけ。

これで、タイクリップを表に出さずに、タイにボリュームを持たせつつ、ネクタイを固定することが出来ます。

 

_MG_0070

タイループの位置によっては、ノットを持ち上げる効果が少なくなりますが、タイクリップが無いよりは見栄えは良くなります。

なお、留めるのがシャツと小剣だけだと、大剣の横方向の動きを制御出来ても上下に動くため、ボリュームを持たせることは難しくなります。また、タイバー(バネがついていないタイプ)だと落下の危険性があるため、タイクリップの使用をお勧めします。

実はこの方法、前々回の記事で2人の方からコメントを偶然戴いており、結構メジャーな方法だと思われます。

 



3.ネクタイピンの選び方

_MG_0083

基本は身に付ける金属の色とあわせる

靴とベルトはもちろん、かばん、時計のバンド、手袋……といったように、革製品の色を合わせると統一感が出て、格好がよいものです。

ネクタイピンも似た様に、身に付ける金属の色とあわせるようにします。

例えば、ベルトのバックル、時計のケースや金属ブレス、靴のストラップバックル、鞄の金属金具、カフリンクス、ブレイシーズ(サスペンダー)の金具、万年筆の金属パーツ等々……。スーツスタイルも金属が多いですが、これらの色とあわせることで、統一感を出すことが出来ます。

ネクタイピンの長さを確認する

ネクタイピンもネクタイの幅に合わせて、様々な長さがあります。

たまに、ナロータイ用の短いネクタイピンを、普通のネクタイにしている人を見かけます。しかし、これでは上手く留められませんし、見た目にもアンバランスになってしまいます。

目安として、5センチ位はあった方か良いでしょう。

クリップタイプのシンプルな物から

もし、ネクタイピンをまだ持っていないのなら、クリップタイプのシンプルな物をオススメします。

キャラクターや宝石がついた物もありますが、Vゾーンの主役はあくまでネクタイ。プレーンなものであれば、ビジネスから冠婚葬祭まで幅広く使えます。

クリップを選ぶのは、ネクタイを傷つけないためです。慣れないうちは、ネクタイピンを留める場所が定まらないでしょうから、擦れて傷つけやすいタイバーより、タイクリップがオススメです。

 

4.まとめ

最後に、前編も含めてまとめてみます。

  1. ネクタイピンは「ネクタイ留め」全般を指すことが多いが、日本独自の表現だと思われる(ネクタイ留めを英訳すると tie clasp)
  2. ネクタイピンにはタイクリップ、タイバー、タイピン、タイタック、タイチェーンなど複数の種類がある
  3. 現役はタイクリップとタイバーだが、機能的な問題からタイクリップの方がおすすめ
  4. ネクタイピンの役割は主に、ノット部分のボリューム維持、アクセサリー、タイの固定の3つ
  5. タイクリップを留める位置は、ネクタイの半分か半分より少し上、ジャケットに少し隠れるくらいがおすすめ
  6. シャツ、小剣、タイループをまとめて挟むことで、敢えてタイクリップを見せない留め方もある
  7. ネクタイピンの選び方は、身に付ける金属の色と合わせる
  8. ネクタイピンは、ネクタイの幅に応じた長さを選ぶ必要がある
  9. 初めて買うときは、シンプルなクリップタイプがおすすめ

たかがネクタイ留めですが、こうしてみると様々なポイントが見えてきます。

興味が湧いた方は、是非取り入れてみて下さい。

 

 - タイ(ネクタイ) , , , , , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼「いいね!」をすると、新しい記事の更新通知を受け取ることが出来ます

  関連記事

コメントの投稿

2 コメント on "ネクタイピンの種類、意義、使い方などを考える【後編】"

並び順:   最新 | 最古

毎週楽しみにしております。
個人的な希望なのですが名刺入れについて一度ご意見お聞かせくださいたく思い初めてコメント入れさせて頂きます。
仕事上、名刺交換する機会が多く、かなり気になります。
みすぼらしい名刺入れは靴同様人が見えてくるのでは無いでしょうか。
個人的にも鞄、スーツ以上に酷い人はがっかりします。
ぜひお願いします。

wpDiscuz