サラリーマンのファッションを考える


スーツ好きの「こだわり度」判定シート(前編)

   

LINEで送る
Pocket

_MG_4885

先日、同僚との会話の中で「スーツ好きの、服へのこだわり」について、話題になりました。

同僚曰く「スーツ好きはこだわりが強くて、融通が利かない」「他人に自分の価値観を押しつける場合か多い」という、一種非難めいたものでした。

一瞬私のことを揶揄しているのかと焦りましたが、どうやら違う様子。なんでも、SNSでのやりとりで、不愉快な思いをしたとのことでした。

男性のスーツスタイルにはルールがあり学習しやすいと言われます。しかし、ルールがある故に、ルールを逸脱する装いに対して、攻撃をかけられやすい特徴があります。特に、SNS(当サイトを含む)は不寛容になりがちで、反省すべき点が多いと、彼との会話の中で感じました。

そこで今回は、雑誌で、店頭で、SNSで見聞きする、服好きの「こたわり」について、スーツに焦点を絞って考えてみたいと思います。あなたの「こだわり度」はどのくらいでしょうか?

※ 念のため……本記事は(自分を含む)ファッションに対するこだわりの強い方向けのジョーク記事です。私も同類として、そのこだわりを批判する意図はありません。また、該当が多かったからといって落ち込む必要も改善する必要もありません。しかし、高ポイント獲得者は、他人に服の話をするときに、相手の顔色を観察しながら話すことをオススメします……。

※ 念のため2……記事内の各「主張」「反対意見」は、かなり極端な書き方になっているので、話半分にご覧下さい。また、私の考えは各項目の「個人的見解」に記載しました。

まずは、当サイトのコメント欄でも、しばしば熱い論戦が繰り広げられるシャツに関する主張から。

 



1.アンダーシャツの着用は甘え!

_MG_3331

主張

シャツ(いわゆるワイシャツ)は、そもそも下着である。シャツはかつて、現在よりも着丈が長く股もカバーする、下着のパンツと一体型の製品であった。

現在でも西洋ではその認識は変わらず、従って、下着(シャツ)の下に下着(アンダーシャツ)を着るのは屋上屋を架すが如く、ガラパゴス的な甘えである。

――反対意見

三つ揃いのみの時代はともかく、現在のシャツは、ジャケットに覆われない露出部分が広く、必ずしも下着とは言い切れない。そして、下着として製作されなくなっていることは、生地やデザインを見れば明白である。

また、オフィス内ではジャケットを脱ぐ機会も多く、高温多湿で汗のかきやすい日本では、肌の透けを防ぐためにも、アンダーシャツは必須だ。

個人的見解

どちらの意見も間違ってはいないと感じています。

ただ、肌の透け防止(見せられるような肉体を持ち合わせていません……)、ウェストコートへの汗ダメージ軽減、べたつきによる不快感防止、冬の防寒等を目的として、基本的には通年でアンダーシャツ着用派です。

これは、自分の格好が他人にどのような印象を与えるか、そして自分が気持ちよく着られるか、という2点に焦点を絞った結果です。

 

2.ボタンダウン以外は認めない! or ボタンダウン大嫌い!

_MG_5257

主張1(ボタンダウン以外認めない)

ボタンダウンはアイビーのしるし。若い頃からそうで、今更変えるつもりも必要性も無い。ボタンダウンこそが最もお洒落なディテールだ。従って、会社、冠婚葬祭、休日基本的には全てボタンダウンで揃えるべき。

主張2(ボタンダウンは大嫌い)

ボタンダウンはその出自からスポーツウェアであることは明白。少なくともビジネスや冠婚葬祭には着用すべきではない。さらに、三つ揃いに合わせるなんてもってのほか。

個人的見解

私は、三つ揃いなどクラシカルな装いが好きなのですが、これには、ある程度歴史的な経緯を考慮する必要があると考えています。そのため、会社に行く服装や冠婚葬祭などでは後者の意見に賛同することが多いです。

ただし、ボタンダウンはノーネクタイ時、第1ボタンをしめなくても、きちんと襟が立つのが素晴らしいです。襟がジャケットのラペルに入り込むのはだらしがなく見えますから。

このため、ジャケパンではボタンダウンをよく着用しています。(スナップダウン襟や隠しボタン襟などで、代替できるという意見もありましょうが……)

 



3.シャツのポケットは無粋!

_MG_8634

主張

前述の通り、シャツは下着である。下着に、物を入れるためのポケットは無粋で、見た目も良くない。ポケットのついたトランクスやブリーフを見たことがあるだろうか?

ポケットのついたシャツは、ガラパゴスシャツと言える。

――反対意見

ポケットがあった方が便利。

個人的見解

見た目上、ポケットがない方が好きで、私が持っているシャツの(感覚ですが)9割にポケットはついていません。

しかし、夏場のツーピースでジャケットには物を入れたくないとき(通勤時に携帯音楽プレイヤーを入れたい……)、盛夏の麻シャツ単体時用に、意図的にポケットを付けたシャツも持っています。

基本的には、単体でも着られるように作られたシャツ(カジュアルシャツを含む)であれば、ポケットがついていても良いのでは? と思います。

 

続いては、みんな大好きスーツに関する話を。

 

4.三つ揃いでなければスーツではない!

_MG_8211

主張

スーツは本来三つ揃い(スリーピース)である。ジャケットとトラウザーズ(ズボン)だけのいわゆる2ピーススーツなど、腹部の「下着」(=シャツ)がだらしなく見える、略装に過ぎない。これでは、包装もされずに袋詰めされてしまった商品のようだ。

――反対意見

既製品だと選択肢が狭まるから、2ピースで十分。腹部? フロントボタンをしめておけばOK。また、過剰包装は時世に合わない。

個人的見解

2ピースと3ピースは、もはやダブルとシングルのスーツと同様、スーツの種類の違いでしか無くなったように思います(少なくとも世間のとらえ方を見る限り)。

つまり、2ピースは三つ揃いの簡略版という認識は、世間的には持たれていない、と言う事です。この点では、反対意見に同意です。

ただ、自分がどう見えるか、を考えたときに、三つ揃いはとても有効なアイテムで、私も愛好者です。ジャケットを脱いでもシャツがだらしなく見えず、サスペンダー(ブレイシーズ)が派手にならず、そして真面目で誠実そうな印象にもなる事でしょう。

個人的には、スーツの大半を三つ揃いにしており、夏以外は基本的に三つ揃いにしています。

 

5.ジャケパンはチャラチャラしてビジネス不相応!

_MG_8942

主張

ジャケパンはカジュアル。チャラチャラしていて、社会人の服装として相応しくなく、仕事相手に失礼。カジュアルフライデーとか、クールビズとかで一気にジャケパン出社が増えたが、週末の遊び着に過ぎない。

――反対意見

お洒落にジャケパンは欠かせない。業界や職種によってはビジネス着として定着しており、会社用として問題ない。むしろ、上着を着ない業界も増えてきている中で、マナーに沿っている方だと思う。

個人的見解

仕事柄、様々な業界の方と接する機会が多いのですが、どんな業界にも、この主張の方はいらっしゃると感じています。

そして、お客様と相対するときは、自身の印象(=服装)がプロジェクト/商談の成功を大きく左右すると考えています。

個人的にはスーツもジャケパンも好きです。しかし、この様な理由から、自己ルールとして、来客や外出がある時は原則スーツ、内勤時のみジャケパンでも可、としています。(ただ結局、着用時に気持ちがが引き締まるので、平日は内勤でもほぼスーツです。休日は、ほぼジャケパンですが。)

 

6.三つ揃いにベルト着用はあり得ない!

_MG_1952

主張

ベルトのバックルで盛り上がったウェストコート(ベスト、ジレ)の裾は、無粋以外の何物でも無い。そもそもベルトは剣や拳銃など武器をぶら下げるための物。エレガントなスリーピース(三つ揃い)とはテイストが相反する。

三つ揃いにはブレイシーズ(サスペンダー)を合わせるべきだ。

――反対意見

大戦前はいざ知らず、ベルトはスーツ用の装身具として定着して久しい。スリーピースでも、バックルが薄い物を使ったり、位置をずらすなど工夫すれば全く問題ない。

個人的見解

個人的には三つ揃いとブレイシーズ(サスペンダー)が好きなので、ウェストコート×ベルトという組み合わせはしません。ただ、反対意見にもあるとおり、工夫次第ではベルトでも問題ないと思います。トイレの個室に座るときにも楽ですし。

とはいえ、トラウザーズ(ズボン)が綺麗に見えるのは、やはりブレイシーズですが……。

 

前半を振り返って

前半はシャツ3点、スーツ3点の計6点に言及しました。

この中で1つ以上、賛成できる項目があった方へ:
スーツスタイルに何らかのこだわりがある方でしょう。今後とも当サイトをどうぞよろしくお願いします。

1つも無いあなたへ:
くだらない議論を最後までご覧下さいまして恐縮です……。服好きにこの手の話を振ると、延々と喋り続けると思います。どうぞお気を付け下さい。

字数の都合で申し訳ありませんが、続きは次回に考えていこうと思います。

 

 - 着こなし , , , , , , , , , , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼「いいね!」をすると、新しい記事の更新通知を受け取ることが出来ます

  関連記事

コメントの投稿

14 コメント on "スーツ好きの「こだわり度」判定シート(前編)"

並び順:   最新 | 最古

僕個人の考えとしては
■自分をどう見せたいのか?
■相手に不快感を与えないか?
■TPOに沿っているか?
を重視してます
スーツスタイルだろうが
ジャケパンスタイルだろうが
この3つから外れていなければ
正解/不正解はないと思ってます

いつも楽しく読んでおります。
わたしもShichilieさんに近い嗜好なので、読んでいてニヤリとしてしまいました。
ビジネスにおけるTPOが激変した近年の一般認識では、スーツ(スタイル)にこだわる
(特にクラシック志向は)=趣味の世界と云っていいのかもしれません。

他人の格好についてわざわざ指摘する程の事ではない。というのが個人的見解です。
自身は周囲の空気を読み(他人を不快にさせず)つつ好きな服を着て楽しめばいい。
これに尽きます。
もし助言を望まれれば、同好の士を増やすべく喜んでアドバイスするのですが、
残念ながら今のところ、その機会はありません(苦笑)

※永遠にありそうもないケースですが、外国要人と会う際はスタッフにはTPOについて、
事前に啓蒙はするでしょうね。

今回の記事に関係ありませんが、以前記事にされていた漫画、テラモリのサイン会に
参加しました。(著者のiko氏もこちらのサイトをツィートで紹介しておりました)
iko氏と少々話をしたのですが、メンズファッション全般に対する見識が只者ではない感を
受けました。漫画の内容はマニアックになりすぎないように、あれでもセーブしているように
思います。

※わたしは仕事帰りでしたので、いつもの(少々クラシックな)スーツ姿でしたが、
iko氏には大変受けたようで、先日公開のカラー扉絵で平尾副店長が着用するスーツに
採用されました。

Shichilie様

来ました。
究極のネタ。
このトピックをニコニコしながら作成している姿を
想像してしまいます。(といってもその姿は存じ上げませんが)

真面目にやるより、ニヤニヤしながら議論しましょう、っていう
ShiChilie様の顔が浮かびます(って顔は存じ上げません)。

クラッシック嗜好、特に30年代~40年代嗜好の
私のような存在は完全に「変わり者」扱いです。

所詮、そんなものです。

だから私は、妻や娘二人から好評であれば、
それでいいです。
分からない連中には所詮分かりません。

因みに2以外は全て・・・
「その通りです!当たり前です!」

当然、今後ともShiChilie様にお付き合いさせていただきます!
宜しくお願い致します。

中傷するつもりはありませんが、服飾関係の話題になると
出てくる言葉、「TPO」。

不思議に誰も指摘しないのか、普通に使用する人が
未だに大勢います。
石津某氏が使い始めた(真偽のほどは不明)と言われる
その魔法の言葉。
何か魔法のように皆がなるほど、としたり顔になります。

自分の服装なんて自分が思うほど誰も見ていません。
どう見せようが、TPOに沿っていようが、不快感を持つか
どうか、なんて人によって様々です。

正解/不正解とかでなく、スーツを含む洋服なんて、
全てただの洒落です。

ドレス・コードが規定されていない場面であれば
本人の着たい服を着たいように着ればいい。
その着たい服が着れないような場面であれば、
行かなければいい。
廻りがどうのこうの、ではなく、本人の意志、それだけ。

その本人の意思が無い人が、結局、廻りばかり気にする。
結局、その他大勢に埋没していく・・・

いつも参考にしております。

読み始める前から「こだわりなんてない」と自信をもって言えると自負しておりますが、
ものの見事に「一つも該当なし」でした(笑)

私自身、派遣社員という薄給の身分であるため、仕事中の服装については
コストパフォーマンス重視で考えております。
とりあえず「スーツ」を着用していればOKというスタンスです。
革靴は1万円以下のセメント靴です。
ネクタイはamazonで2000円以下のものを好んでしております。
(最近はネット通販専門のサイトでも買ったりしますが、それでも2000円前後が多いですね。)

でもこのサイトの記事は楽しく読んでますよ。

ボタンダウンシャツについては、最近あまりに浸透しすぎていますね。

「安くて奇異なデザインのシャツ(装飾襟、派手なステッチ、カラーボタン)=ボタンダウン=服装に関心のない人々」

という構図が私の中では完成しています。

wpDiscuz