サラリーマンのファッションを考える


ネクタイの基本(1): ネクタイの種類~柄と生地で考えるネクタイ選び~ 1 「ソリッドタイ」

     (更新:平成27年10月17日)

LINEで送る
Pocket

tie_logo.png
皆さんは普段どんなタイ(ネクタイ)をしていますか?
会社に行くとき、週末を過ごすとき、面接に行くとき……
日本のサラリーマンが「スーツのおしゃれ」を考えるとき、真っ先に思いつくのが「ネクタイ」なのではないでしょうか。

今回から今後数回に亘って、「スーツの壁」な方向けに、
ネクタイの種類、パーツ、結び方などを考えていこうと思います。
まずは柄と生地から種類分けをして、場にふさわしいタイを考えてみたいと思います。

なお、ここでいうネクタイ(英:tie、米:tie, neck-tie)は、
フォーインハンド(米:four-in-hand)という、日本で一番馴染みが深いタイのみを扱います。
ボウタイ(bow-tie;蝶ネクタイ)やアスコットタイ(ascot-tie)は別の機会に。。。

また、参考写真は私物を撮影していますので、若干傾向に偏りがあります……。 ご了承下さい。

連載予定は以下の通り

その1
・基本は断然無地!「ソリッドタイ」

その2
・日本で一番人気!?「ストライプタイ」
「マルチストライプタイ」

その3
・ソリッドタイに遊びを加える「ドットタイ」
– ドットタイに遊びを加える「ポルカドットタイ」

その4
・ジャケパンに似合う? 「小紋タイ」
・ストライプタイ×小紋タイ「ロイヤルクレストタイ」

その5
・クラシックなチェックタイ「グレンチェックタイ」
・艶容なカジュアル「ペイズリータイ」

その6
・暖かく見せる「ウールタイ」
・涼しく見せる「ニットタイ」
・さらに涼しく見せる「リネンタイ」

初回なので1本だけですが、まずはソリッドタイのご紹介です。



■基本は断然無地!「ソリッドタイ」

タイの基本はソリッドタイです。
ちょっとシックですが、どんな服にも合わせやすく、汎用性とコストパフォーマンスが段違いです。

ビジネス度
★★★★★
汎用性(コスパ)
★★★★★
就活生にお勧め
★★★★★
週末にお薦め
★★★★☆
コメント:

ソリッドといっても、織り柄がある場合がほとんどです。
その織り柄と光沢が、様々な表情を見せるので、非常に色っぽく見えます。

_MG_1801.jpg
グレイのソリッドタイ。Burberrys(英)製。織り柄でストライプになっている。
お薦めの買い方:
・これから就職活動……という大学生にとっては、まず1本は用意しておきたいです。
・社会人の皆さんも、各色(紺、エンジ、グレーなど)1本ずつあって損はないと思います。
・ただ、無地は安物が見分けやすいので、極端に安価な物は避けて下さい。

次回はストライプタイ、マルチストライプタイの予定です。

 - タイ(ネクタイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼「いいね!」をすると、新しい記事の更新通知を受け取ることが出来ます

  関連記事

コメントの投稿

Be the First to Comment!

wpDiscuz