サラリーマンのファッションを考える


土井縫工所のシャツ フォトレビュー2:ディテールを見る

     (更新:平成24年6月15日)

LINEで送る
Pocket

_MG_1636.jpg
土井縫工所製シャツの生地タグ

土井縫工所製シャツのレビュー、2回目の今回はディテールについて見ていきたいと思います。
ディテールと言っても、マニア受けするために無理矢理作ったようなディテールではなく、
思わずニヤリとしてしまうような物が多いのが特徴です。



■ボタン

_MG_1634.jpg
白蝶貝のボタンです。
高級シャツの定番である、分厚いボタンでないため、少々残念です。
しかし、よく見てみると、普通のボタンと違うことがよく分かります。

_MG_1620.jpg
こちらがアップの写真。
スーツで使用される、「二重たらい」のボタンなのが分かりますか?
また、日本やイタリアで用いられる10mmのボタンではなく、イギリス製によく見られる11mmボタンが使用されています。
止めやすい上に、ノーネクタイ時に白蝶貝&二重たらいの美しさが目立つと思います。

※但し、大きく、さらに加工されていることから、クリーニングのプレス時に損傷することが心配です。
※Shichilie(私)はクリーニングに出すことが多いので、もし損傷が早い場合はここでご報告しようと思います。

_MG_1626.jpg
スペアボタンは紙製の袋に、カラーステイ(衿のカールを防ぐ取り外し可能な芯)と共に入っています。
服に縫い付けられていないこと、剣ボロ/衿用の小ボタンも一緒に入っているのは高ポイントです。

■衿(えり)

_MG_1634.jpg(再掲)
_MG_1641.jpg
比較的綺麗な衿です。勿論、安シャツに見られるような直線の裁断もありません。
前回のレビューで書いたように、普通のシャツより一回り大きな、今時の衿です。
ヨーク部分もきちんと柄がそろえられています。



■袖1(そで)

_MG_1637.jpg
立体裁断され、先端に向かって小さくなっています。
ボタンサイズや衿の大きさから、
(イギリス系に良くある)剣ボロのボタンがないのではと心配したのですが、ちゃんとありました^^;

_MG_1639.jpg
剣ボロの拡大図です。
細かい運針と、柄が綺麗にそろえられているのが分かります。
国内縫製にこだわるのは、正解の様です。

■袖2(カフ)

_MG_1659.jpg
面白いギミックがありました。
一見何の変哲もないコンバーチブルカフ(ボタンでも、カフリンクスでも使えるカフ)なのですが……

_MG_1660.jpg
なんと、完全にボタンを隠すことが出来るのです。
(※ボタンを出した状態でクリーニングに出したので、プレス跡がついてしまっています。)
ボタンはどうなっているかというと……

_MG_1665.jpg
この様に、ボタンは裏側にかつ長めの”足”で縫い付けられていて、
表裏出入り自由な状態になっているわけです。
これによってどんなメリットがあるかというと……

_MG_1678.jpg
実際にカフリンクスをつけたときに……

_MG_1677.jpg
裏側にボタンと止め金具が混在するという、恥ずかしい(?)状態を防ぐことが出来るのです。
コンバーチブルを追求したカフになっている、というわけですね。


次回は着心地と、「良いところ」「悪いところ」をまとめてみたいと思います。

—-
みなさんこんにちは。Shichilieです。
世の中自粛に次ぐ自粛。
「自粛をする」って、「自粛」(自ら進んで行動を慎むこと)の意味を知らないようです。

勿論、大規模停電回避のための必要な省電なら良いのですが、電力がたりている時間帯にも消灯してみたり、
そんな状況でも消灯/節電しないと「ぜいたくは敵だ」「非国民」と後ろ指を指されたり、
挙げ句の果てには電力事情の全く関係ない西日本で節電/消灯したり……

世の中も、そしてファッションも、
日本人は附和雷同(主義主張が無く、回りに流されること)に過ぎるのではないでしょうか。

「みんな一緒でみんな良い」

基本に忠実なのは結構ですが、その上での個性がなければ、ファッションは成り立たないのです。
この大いなる矛盾を抱えた「自粛」の「逆らえない雰囲気」が、
日本の経済と、日本国の将来によからぬ影響を与えないか、凄く心配です……。

 - シャツ , , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼「いいね!」をすると、新しい記事の更新通知を受け取ることが出来ます

  関連記事

コメントの投稿

2 コメント on "土井縫工所のシャツ フォトレビュー2:ディテールを見る"

並び順:   最新 | 最古

土井縫工所で検索してたどり着きました。
続きを楽しみにしております。
生地のクオリティとカミチャニストのスリムモデルと土井のダーツモデルを比べて
どの様な違いがあるのかも、書いていただけるとより参考になります。
よろしくお願いします。

みっちー さん

コメント、ありがとう御座いました。
本編でも比較しましたが、概ね以下のような違いが有ると思います。

■生地のクォリティ
見た目 カミチャニスタ > 土井縫工所
肌触り カミチャニスタ < 土井縫工所
丈夫さ カミチャニスタ < 土井縫工所
※同じ種類の生地でも、土井縫工所の方が、絲が太めだと思います。

■スリムモデルとダーツモデル
着心地 カミチャニスタ < 土井縫工所
見た目 カミチャニスタ = 土井縫工所
※着心地はその人の体型に依ります。

どちらかを選べと言われたら、土井縫工所を選んでしまうと思います。

wpDiscuz