サラリーマンのファッションを考える


Church’s Brisbane チャーチ・ブリスベン // 靴・服の手入れ | 22年1月 4週

     (更新:平成27年10月25日)

LINEで送る
Pocket

IMG_1074.jpg


■靴 Church’s Brisbane

本日の手入れ対象は、代表的なイギリス靴「チャーチ(Church’s)」でした。

丁度、連載「スーツの壁」の靴編で、グッドイヤーウエルテッド(GY)製法を取り上げていますが、まさにその代表のような靴です。上級ラインでもヒドゥンチャネル(靴底の縫い込み溝を隠す加工)になっていなく、ボテッと無骨な印象ですが、耐久性は抜群です。

世界的なトンガリ靴ブームで、シャープな顔のラストが多くなっているチャーチですが、別註チャーチとして昔のラスト(靴の木型)を使用させて作っている靴屋があり、そこからメールオーダーした物が本品です。私としてはトンガリ靴よりも、まあるいトゥの方が好きなのです^^;

――Church’s Brisbane――
・スタイル:フルブローグ
・色:クロ
・製法:グッドイヤーウエルテッド
・ソール:革
・メモ:スリーピースでFBIスタイル。ジャケットでカントリースタイル。結構万能です。

■手入れの内容

靴の手入れについては別段項目を設けて説明するつもりなので、詳しくは説明しませんが、本日は以下の通りです。

  • ブラッシング
  • ステインリムーバー
  • 乳化性クリーム塗布(サフィールノワール)
  • ブラッシング
  • トゥとサイドウォールに油性ポリッシュ(〃)

全部で1足15分程度でした。この内容は手入れの深さ度合いを5段階で評価すると、浅い方の2番くらいに該当します。(いずれ、全ての段階をご紹介するつもりです)

ちなみに、使用した道具は以下の通りです。

▽ブラシ類

  • ブラシ(18cm、馬毛);汚れ落とし
  • ブラシ(18cm、豚毛);つや出し
  • ペネトレイトブラシ;乳化性クリーム塗布用

▽靴クリーム類

  • サフィールノワール(乳化性、黒);保革、つや出し
  • サフィールノワール(油性、黒);つや出し、防水

▽その他

  • モウブレイ ステインリムーバー;古いワックス落とし
  • ストッキング
  • 布きれ(綿、古いシャツ)

 



■ペネトレイトブラシ

モウブレイ ペネトレイトブラシ モウブレイ ペネトレイトブラシ

→詳細(Amazonに飛びます)

乳化性クリームを布きれにつけて塗布するのも良いのですが、ペネトレイトブラシを使用すると時間を1/3くらいに短縮できます。また、フルブローグ等飾りのある靴の、パンチ(穴)の中にも塗布できるため、保革にも良いと思います。
サフィールとモウブレイ(旧メルトニアン)のものが有名ですが、コストパフォーマンスの観点から後者をお薦めします。

使用後に、中性洗剤(要は台所洗剤)で洗って、しっかりと乾燥させればかなり長持ちします。
忙しいサラリーマンには是非お勧め。

 

 - 靴の手入れ , , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼「いいね!」をすると、新しい記事の更新通知を受け取ることが出来ます

  関連記事

コメントの投稿

1 コメント on "Church’s Brisbane チャーチ・ブリスベン // 靴・服の手入れ | 22年1月 4週"

並び順:   最新 | 最古

これだけ詳しく手入れ方法が書いてあると参考になります。

wpDiscuz